マイページ

ATPニュース

ナダルが膝の怪我で準決勝を試合前棄権。フェデラーとの39回目の対戦はお預けに[ATP1000 インディアンウェルズ]

「ATP1000 インディアンウェルズ」でのナダル

「ATP1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月7~17日/ハードコート)大会10日目。男子シングルス準決勝で、第2シードラファエル・ナダル(スペイン)と第4シードのロジャー・フェデラー(スイス)が対戦予定だったが、ナダルが右膝の怪我で試合前棄権を申し出た。

大会公式サイトによると、ナダルは「ウォームアップをしたときに、膝が準決勝を戦うのに必要なレベルにないことを感じた」とコメント。「ATP1000 マイアミ」も欠場し、4月14日に開幕する「ATP1000 モンテカルロ」での復帰を目指すとのことだ。


ナダルは準々決勝で、第12シードカレン・ハチャノフ(ロシア)に7-6(2)、7-6(2)で勝利。しかしこの試合第2セット第3ゲームを終えたところでメディカルタイムアウトを取り、右膝の治療を受けていた。


「いくつかの問題を抱えてプレーしたことがあるし、ただ集中しようと思う」「もちろん明日の準備をすることが1番だが、明日の朝起きてどうなるかは分からない」と試合後に話していたが、回復しなかったようだ。


また、フェデラーとのライバル関係については「お互い異なったスタイルで、異なった方法でスポーツを理解している。同時に僕たちはキャリアを通してよい関係を築き、1番重要なことのために競っている」「これらすべてのことが、僕たちの試合をいつも本当に特別なものにしてくれる。僕たちのキャリアの後半に、重要な大会の上位ラウンドで、高いレベルで戦い続けるチャンスがあるのは素晴らしいことだ」と話していた。


世界中のテニスファンが待ち望む両者の39回目の直接対決は今回実現しなかったが、まずはナダルの膝が回復し、得意のクレーコートシーズンでまた躍動する姿を見せることが期待される。


ナダルの試合前棄権により決勝に進んだフェデラーは、決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームはミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を下しての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」でのナダル
(Photo by Yong Teck Lim/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu