ATPニュース

錦織「調子は問題ない」。相手のダブルフォルトにも救われ、ギリギリの勝利で3回戦進出[ATP1000 インディアンウェルズ]

「ATP1000 インディアンウェルズ」での錦織圭

「ATP1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月7~17日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス2回戦で、第6シード錦織圭(日本/日清食品)が世界52位のアドリアン・マナリノ(フランス)を6-4、4-6、7-6(4)のフルセットで下し3回戦へ進出した。その錦織が、試合後のインタビューに答えた。

試合を振り返って錦織は「テニス自体は悪くはなかったですが、大事なポイントがしっかりと取れなくて、それがあそこまでいった一番の原因だったと思います。取り切れない部分とディフェンスでのミスが少し早かったのが原因ではありましたが、タイブレークでは良いテニスができました」と語った。


また、「なるべく自分から打っていこうと思っていましたが、彼の球筋がすごく低くて。特にバックのディフェンスがとても良く感じて、攻めるのが難しかったです。ですが、しっかり粘ってプレーするときはしっかりできたと思います」と語った。


次戦については「自分の調子も上げていきたいですね。ちょっとミスの早い部分もあったので、そこも修正して。調子は問題ないので、少し修正して次の試合に臨みたいと思います」とコメント。


この試合の第3セットでは、先にブレークを許すも、相手のダブルフォルトでブレークバックするという流れが2度あった錦織。次戦では、より調子を上向きにすることが期待される。


勝利した錦織は、この後に行われる第28シードルカ・プイユ(フランス)とホベルト・ホルカシュ(ポーランド)の勝者と3回戦で対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」での錦織圭
(Photo by John Cordes/Icon Sportswire via Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu