マイページ

ATPニュース

錦織が語る、フェデラーがあまり怪我をしない理由。

「ATP1000 インディアンウェルズ」に出場する錦織

「ATP1000 インディアンウェルズ」に出場する世界7位の錦織圭(日本/日清食品)。インタビューで、錦織はロジャー・フェデラー(スイス)について「あんなに度々高いレベルでプレーしながら、あまり怪我をしないことに驚かされる」と語った。

フェデラーは現在37歳と多くの選手なら引退している年齢でありながら、世界4位といまだにトップレベルで活躍を続けている。さらに2月に開催された「ATP500 ドバイ」で優勝し、ツアー通算100タイトルを達成した。


フェデラーは2001年にツアー初タイトルを獲得して以降、左膝の故障でツアーを離脱した2016年を除く全ての年でタイトルを獲得。その怪我から復帰した2017年にも、「全豪オープン」と「ウィンブルドン」を含み7つのタイトルを獲得する完全復活を遂げている。


ATP(男子プロテニス協会)によると、錦織は「もちろん彼は誰よりもきついトレーニングをしている。あまり見ることはないけど、すごくきついトレーニングをしているに違いないと思う」とフェデラーについて話している。


また「彼はとてもスムーズなプレーをする。どんなショットを打つ時も、全く身体にストレスをかけていないように見える。それが、彼があまり怪我をしない最大の理由だと思う」と長きにわたって活躍できる理由を分析した。


錦織とフェデラーはお互いに順当に勝ち上がると、今大会は準々決勝で対決する可能性がある。両者の過去の対戦成績は錦織から見て3勝7敗。直近の対戦は昨年の「Nitto ATPファイナルズ」で、錦織がストレートで勝利し、対フェデラーの連敗を6でストップさせた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP1000 インディアンウェルズ」に出場する錦織
(Photo by Yong Teck Lim/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu