ATPニュース

通算100勝のフェデラーに祝福の声続々。109勝コナーズは「3桁優勝クラブへようこそ」[ATP500 ドバイ]

「ATP500 ドバイ」で優勝を果たしたフェデラー

「ATP500 ドバイ」(アラブ首長国連邦・ドバイ/2月25日~3月2日/ハードコート)男子シングルスで優勝し、ツアー通算100勝を達成したロジャー・フェデラー(スイス)。そんなフェデラーに多くの祝福コメントが寄せられている。

今回達成したフェデラーの100勝という記録は、現在単独2位。歴代1位はジミー・コナーズ(アメリカ)の109勝で、3位はイワン・レンドル(アメリカ)の94勝。


1位の記録を持つコナーズは、自身のTwitterにコメントを投稿。「『3桁』大会優勝クラブへようこそフェデラー。これまで少し寂しかった。仲間ができて嬉しいよ!」と祝福。フェデラーは「仲間入りできて嬉しいよ」と返している。


2度の年間グランドスラムを達成した唯一の男性選手であるロッド・レーバー(オーストラリア)は「フェデラー、心からおめでとうございます。素晴らしいキャリアの中で100個のタイトルを獲得することは、本当に並外れた成果です。今年、さらに活躍することを期待しています」とフェデラーの偉業を称えた。


また、2013年に引退した元世界4位のジェームズ・ブレイク(アメリカ)は、次のように冗談交じりの投稿。「100回目の優勝を果たすところを見たよ。すると娘が『パパは何回優勝したの?』と聞いてきたから『10回』と誇らしげに答えた。(娘は)『どうしてたった10回なの?それはゼロと同じみたい』と。娘の前で僕を格好悪くしてくれてありがとうロジャー。おめでとう」


それに対してフェデラーは「彼女に『君のパパはレジェンドでジェントルマンだ』と言っておいて!」と返答した。


37歳にして通算100勝の偉業を達成したフェデラー。そんなフェデラーから今後も目が離せない。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ドバイ」で優勝を果たしたフェデラー
(Photo by Francois Nel/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu