ATPニュース

キリオス、世界9位イズナー破り決勝進出。フルセット接戦を制する[ATP500 アカプルコ]

「ATP500 アカプルコ」でのキリオス

「ATP500 アカプルコ」(メキシコ・アカプルコ/2月25~3月2日/ハードコート)の大会5日目、男子シングルス準決勝で世界72位ニック・キリオス(オーストラリア)が第3シードの世界9位ジョン・イズナー(アメリカ)と対戦。7-5、5-7、7-6(7)のフルセットでキリオスが勝利し、決勝進出を決めた。試合時間は2時間21分。

勝利したキリオスは、決勝で第2シードの世界3位アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。


キリオスは今大会、2回戦で第1シードの世界2位ラファエル・ナダル(スペイン)を破ると、準々決勝では元世界3位のスタン・ワウリンカ(スイス)に勝利していた。


イズナーとは今回が5度目の対戦。今回の勝利でキリオスは対イズナー戦で3連勝となった。


第1セット、立ち上がりは両者キープが続いた。しかし、5-5で迎えた第11ゲームでキリオスがデュースの攻防の末、ブレークに成功。そのままセットを先取した。


第2セットは1度ブレークを許し落としたキリオス。勝負の第3セットはタイブレークでの決着となった。お互い譲らない一進一退の競り合いが続いたが、最後はキリオスが粘り勝ち。見事決勝進出を決めた。


強力なサービスを持つ選手同士の対決を制したキリオス。サービスエース数でイズナーの24本を上回る、25本を記録。ダブルフォルトの数でもイズナーの6本に対して、1本と安定していた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 アカプルコ」でのキリオス
(Photo by Hector Vivas/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu