ATPニュース

錦織、難敵ペール破り初戦突破。アカプルコでは西岡が2回戦進出ならず

「ATP500 ロッテルダム」での錦織

■「ATP500 ドバイ」(アラブ首長国連邦・ドバイ/2月25日~3月2日/ハードコート)


現地26日の大会2日目、男子シングルス1回戦。第1シードの世界6位 錦織圭(日本/日清食品)が世界65位ブノワ・ペール(フランス)と対戦。6-4、6-3で錦織が勝利し、2回戦へ進出した。

ATP(男子プロテニス協会)によると、錦織は試合後に「今日の試合のカギは第1セット2-1でのとても長かったゲームだと思う。あのゲームを取れてより自信が持てた。もしブレークバックされていたら、なんでも起こりえた。良い試合だった」と話した。


錦織がカギと話したのは、第3ゲームで先にブレークした直後の第4ゲーム。ここで7本のブレークポイントを握られた錦織だったが、全てしのいでペールに勢いを取り戻させなかった。第2セットでは、1度もブレークポイントを握られることなくストレートで勝利した。


このほか、第3シードの世界10位マリン・チリッチ(クロアチア)が世界23位のガエル・モンフィス(フランス)に3-6、6-4、0-6で敗れた。


今大会ではチリッチのほか、8人のシード勢のうち、第4シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)、第7シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、第8シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)の4人が1回戦終了時点で姿を消している。


■「ATP500 アカプルコ」(メキシコ・アカプルコ/2月25~3月2日/ハードコート)


男子シングルス1回戦。世界75位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が世界64位キャメロン・ノリー(イギリス)と対戦。西岡が2-6、6-2、2-6で敗れた。


この試合西岡は、3セット合計で17回あったブレークポイントのうち5回をブレーク。一方相手ノリーは19回のうち7回のブレークを奪った。


逆転勝利はならなかった西岡は、前週の「ATP250 デルレイビーチ」に続き残念ながらシングルスで初戦敗退に。


このほか、第1シードの世界2位ラファエル・ナダル(スペイン)は世界76位ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)に6-3、6-3で勝利。第2シードの世界3位アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は予選勝者の世界133位アレクセイ・ポプリン(オーストラリア)に6-3、6-3で勝利し、シード勢が順当な勝ち上がりを見せた。


◇   ◇   ◇


【2月26日 主な試合結果】


◆「ATP500 ドバイ」


男子シングルス1回戦


〇[1]錦織圭(日本/日清食品)6-4、6-3 ●ブノワ・ペール(フランス)


ガエル・モンフィス(フランス)6-3、4-6、6-0 ●[3]マリン・チリッチ(クロアチア)


〇[5]ステファノス・チチパス(ギリシャ)6-4、3-6、6-3 ●マシュー・エブデン(オーストラリア)


〇[6]ボルナ・チョリッチ(クロアチア)7-5、3-6、7-6(4) ●[LL]イリ・ベセリ(チェコ)


男子ダブルス1回戦


マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)6-2、6-2 ●ドミニク・イングロット(イギリス)/フランコ・シュクゴール(クロアチア)


◆「ATP500 アカプルコ」


男子シングルス1回戦


〇[1]ラファエル・ナダル(スペイン)6-3、6-3 ●ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)


キャメロン・ノリー(イギリス)6-2、2-6、6-2 ●西岡良仁(日本/ミキハウス)


〇[2]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)6-3、6-3 ●[Q]アレクセイ・ポプリン(オーストラリア)


〇[3]ジョン・イズナー(アメリカ)6-3、4-6、6-3 ●アドリアン・マナリノ(フランス)


◆「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」(メキシコ・アカプルコ/2月25~3月2日/ハードコート)


女子シングルス1回戦


〇[1]スローン・スティーブンス(アメリカ)6-2、6-2 ●ポリーヌ・パルモンティエ(フランス)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロッテルダム」での錦織
(Photo by Jean Catuffe/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu