ATPニュース

フェデラー 苦戦も2回戦へ。コールシュライバー戦は14連勝に[ATP500 ドバイ]

「全豪オープン」でのフェデラー

「ATP500 ドバイ」(アラブ首長国連邦・ドバイ/2月25日~3月2日/ハードコート)大会初日、男子シングルス1回戦で、世界7位で第2シードロジャー・フェデラー(スイス)が世界31位フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦。フェデラーが6‐4、3‐6、6‐1で勝利し、2回戦へ進出した。

フェデラーは昨年10月の「ATP500 バーゼル」で通算99個目のタイトルを獲得。この過去7回優勝を飾っている「ATP500 ドバイ」で、100個目のタイトル獲得なるかが注目されている。


両者の対戦はこれで14回目となったが、今回もフェデラーに軍配があがり、通算14勝0敗となった。


試合は、フェデラーが第1ゲームで作ったチャンスをしっかりとものにしてブレークし、主導権を握る。第4ゲームで1本ピンチとなるがセーブし、その後も危なげないプレーでセットを先取する。


しかし第2セットで先にリードを奪ったのはコールシュライバー。第2ゲームでフェデラーは左右に振られてミスが増え、ブレークを許した。フェデラーは第5ゲームでブレークバックに成功したが、続く第6ゲームで再度ブレークされる。


コールシュライバーのサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでは、フェデラーも何度も粘るが、3本あったチャンスを活かせず、試合は第3セットへもつれた。


それでも第3セットはフェデラーのペース。2つのブレークに成功すると、自身のサービスゲームでは2ポイントしか失わず、2回戦進出を決めた。


フェデラーは2回戦で世界32位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。ベルダスコは世界85位のトーマス・ファビアーノ(イタリア)を破っての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのフェデラー
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu