マイページ

ATPニュース

【2/17注目ドロー】ワウリンカVSモンフィスのロッテルダム決勝。ブエノスアイレスではシュワルツマンが優勝目指す

「ATP500 ロッテルダム」準決勝でのワウリンカ

■「ATP500 ロッテルダム」(オランダ・ロッテルダム/2月11~17日/室内ハードコート)


現地の17日。大会7日目の男子シングルス決勝で、今大会ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の世界ランキング68位スタン・ワウリンカ(スイス)が33位のガエル・モンフィス(フランス)と対戦する。

両者の過去対戦成績は、ワウリンカの3勝2敗。


元世界3位のワウリンカは、2017年膝の故障でツアーを離脱。2018年1月に復帰し、6月には世界ランキングを263位まで落としていたが、徐々に上げてきている。


ATP公式サイトによると、ワウリンカは次戦に向けて「故障から復帰して最初の決勝、だからトップ選手を相手に自分がまだこのレベルでプレーできるということを見せるのは、とても大事なことなんだ」と意気込んだ。


また決勝の相手モンフィスについては「たくさん一緒に練習するし、私たちは本当に仲の良い友達だ」「お互いに、決勝で会えたらいいねと言っていたので、明日の決勝は私たちどちらにとっても特別なものになるだろう」と話した。


ワウリンカとモンフィスの決勝は、日本時間17日の23時30分以降に開始予定だ。


■「ATP250 ブエノスアイレス」(アルゼンチン・ブエノスアイレス/2月11~17日/クレーコート)


男子シングルス決勝、第4シードの世界19位ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)が第3シードの世界18位マルコ・チェッキナートと対戦する。両者は今回が初対戦。


準決勝では、第1シードの世界8位ドミニク・ティーム(オーストリア)をフルセット逆転で撃破したシュワルツマン。自身3度目のツアー優勝を目指す。


■「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」(アラブ首長国連邦・ドバイ/2月17~23日/ハードコート)


女子シングルス1回戦。世界64位のクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)が、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の世界406位ファトマ・アル ナバニ(オマーン)と対戦する。


勝ち上がった方が、2回戦で第1シードの大坂なおみ(日本/日清食品)と対戦することとなる。


女子ダブルス1回戦では、加藤未唯(日本/ザイマックス)/二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)がハン・シンユン(中国)/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)と対戦する。


前週の「カタール・トータル・オープン」では、残念ながら初戦敗退となった加藤/二宮。今大会では勝ち上がりに期待したい。


◇   ◇   ◇


【2月17日の注目ドロー


◆「ATP500 ロッテルダム」


男子シングルス決勝


[WC]スタン・ワウリンカ(スイス)対 ガエル・モンフィス(フランス)


◆「ATP250 ブエノスアイレス」


男子シングルス決勝


[4]ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)対 [3]マルコ・チェッキナート


◆「ATP250 ニューヨーク」(アメリカ・ニューヨーク/2月11~17日/室内ハードコート)


男子シングルス決勝


ライリー・オペルカ(アメリカ)対 [Q]ブレイデン・シュナー(カナダ)


◆「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」


女子シングルス1回戦


クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)対 [WC]ファトマ・アル ナバニ(オマーン)


女子ダブルス1回戦


ハン・シンユン(中国)/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)対 加藤未唯(日本/ザイマックス)/二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロッテルダム」準決勝でのワウリンカ
(Photo by Jan Kok/Soccrates/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu