ATPニュース

【速報】錦織 決勝進出ならず。難敵ワウリンカにフルセットの末敗れる[ATP500 ロッテルダム]

「ATP500 ロッテルダム」での錦織

「ATP500 ロッテルダム」(オランダ・ロッテルダム/2月11~17日/室内ハードコート)の大会6日目、男子シングルス準決勝で第1シード錦織圭(日本/日清食品)がスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦。2-6、6-4、4-6で錦織が敗れ、決勝進出はならなかった。

勝利したワウリンカはガエル・モンフィス(フランス)と対戦する。モンフィスはダニール・メドベージェフ(ロシア)を破っての勝ち上がり。


第3セットもワウリンカのサービスからスタート。これまでと違い、第3セットは序盤からお互いにキープの展開が続いた。そして迎えた第6ゲーム、このセットで初となるブレークポイントをワウリンカに握られる。しかし錦織はここでも焦る様子を見せずにしっかりとしのぎ、キープした。


その後もお互い全く譲らず、サービスゲームをキープしていく。そしてゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームで錦織は30-40とマッチポイントを握られる。最後はワウリンカのフォアハンドリターンに錦織が追いつくことができず、4-6で第3セットを落とし、ベスト4敗退となった。


錦織は10月の「楽天ジャパンオープン」、「ATP500 ウィーン」に続き、ATP500レベルでは3大会連続の決勝進出を狙ったが、あと一歩及ばなかった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP500 ロッテルダム」での錦織
(Photo by Jan Kok/Soccrates/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu