ATPニュース

【2/11注目ドロー】元世界3位ワウリンカが1回戦に臨む。ダブルスにはマクラクラン勉ペアが登場。

「全豪オープン」でのワウリンカ

■「ATP500 ロッテルダム」(オランダ・ロッテルダム/2月11~17日/室内ハードコート)


今大会シングルスには、錦織圭(日本/日清食品)が第1シードで出場を予定している。一方、世界3位(ランキングは2月4日付け)アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、世界10位マリン・チリッチ(クロアチア)らは欠場を発表している。

大会1日目、男子シングルス1回戦で世界57位のスタン・ワウリンカ(スイス)が世界58位のブノワ・ペール(フランス)と対戦する。過去対戦成績はワウリンカの8勝3敗。


元世界3位のワウリンカは、今大会ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場。2015年同大会では優勝を果たしている。一方、トリッキーなプレーが特徴のペールは、同大会5度目の出場で最高成績は2011年の2回戦進出だ。


12回目となる両者の対戦は、日本時間12日午前3時30分頃開始予定。


そのほか、世界50位のチョン・ヒョン(韓国)は第9シードの世界22位ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)と対戦。今回が初対戦となる両者の試合は、ワウリンカ対ペールの後に予定されている。


男子ダブルス1回戦では、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)がジェレミー・シャルディ(フランス)/ヘンリー・コンティネン(フィンランド)と対戦する。


2018年「楽天ジャパンオープン」でペアとしてツアー初優勝、2019年1月の「ATP250 オークランド」で2個目のタイトルを獲得したマクラクラン勉/ストルフ。まずは初戦を突破し、今大会上位進出することに期待がかかる。


◇   ◇   ◇


【2月11日の注目ドロー


◆「ATP500 ロッテルダム」


男子シングルス1回戦


ブノワ・ペール(フランス)対 [WC]スタン・ワウリンカ(スイス)


チョン・ヒョン(韓国)対 [9]ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)


男子ダブルス1回戦


ジェレミー・シャルディ(フランス)/ヘンリー・コンティネン(フィンランド)対 マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)


◆「ATP250 ブエノスアイレス」(アルゼンチン・ブエノスアイレス/2月11~17日/クレーコート)


男子シングルス1回戦


[6]ニコラス・ジャリー(チリ)対 [Q]ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)


アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)対 [Q]ロジェリオ・ドゥトラ シルバ(ブラジル)


◆「ATP250 ニューヨーク」(アメリカ・ニューヨーク/2月11~17日/室内ハードコート)


男子シングルス1回戦


[WC]ノア・ルビン(アメリカ)対 [7]ジョーダン・トンプソン(オーストラリア)


[8]テニス・サングレン(アメリカ)対 パオロ・ロレンツィ(イタリア)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのワウリンカ
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu