ATPニュース

世界79位のベルディヒが2本のマッチポイントをしのいで接戦を制し、ベスト4進出[ATP250 モンペリエ]

「ATP250 モンペリエ」準々決勝でのベルディヒ

「ATP250 モンペリエ」(フランス・モンペリエ/2月4~10日/室内ハードコート)の大会5日目、男子シングルス準々決勝でトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)がフィリップ・クライノビッチ(セルビア)に7-6(3)、6(5)-7、7-5で勝利し、準決勝進出を果たした。試合時間は2時間42分。

世界79位のベルディヒと世界72位のクライノビッチの対戦は今回が初となったが、33歳ベテランのベルディヒに軍配が上がった。


第1セットは両者ともに譲らず、お互いにキープが続いてタイブレークへともつれ込んだ。ここでも序盤は接戦となったが、ベルディヒが4ポイントを連取して7-6(3)で第1セットを先取した。


続く第2セットでは第7ゲームでベルディヒがブレークに成功する。しかし第10ゲームでブレークバックを許し、ここもタイブレークに突入する。すると序盤4ポイントをクライノビッチに奪われて大きくリードされてしまうと、追い上げもむなしく6(5)-7で第2セットを落とした。


そして第3セット、第1ゲームでクライノビッチにブレークされたベルディヒは、第9ゲームで2本のマッチポイントを握られるが、ここを見事にしのぎきる。そして第10ゲームでブレークバックに成功しゲームカウント5-5と追いつくと、第12ゲームでも再びブレークに成功し、7-5で第3セットを取って勝利を決めた。


勝利したベルディヒは、第7シードピエール ユーグ・エルベール(フランス)と対戦する。エルベールは第3シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)を破っての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 モンペリエ」準々決勝でのベルディヒ
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu