ATPニュース

杉田祐一「もう一度世界のトップを目指していきます」。鈴木貴男のコーチングを発表

2018年「全米オープン」での杉田祐一

2019年シーズン、チャレンジャー大会でスタートし、「全豪オープン」では残念ながら予選敗退となった杉田祐一(日本/三菱電機)。自身のTwitterアカウントで今後の意気込みを語った。

杉田は、2017年「ATP250 アンタルヤ」でキャリア初タイトルを獲得。その年の10月には自己最高の世界ランキング36位を記録した。しかし、2018年は思うように結果が出せず厳しいシーズンを過ごし、現在は世界ランキング160位となっている。


そんな杉田は「今一度、徹底的に鍛え直すため全豪オープン後の大会は全てキャンセルしました」と現状を報告。そして「最高のチームと共にもう一度世界のトップを目指していきます!!」と意気込んだ。


この投稿に対して、ユーザーからは「試合から離れることは勇気のいる決断だったと思います」「ずっと変わらず応援しているので、杉田さんのペースで頑張って下さい」「世界の舞台で戦う杉田さんを、待っています」といった応援のコメントが寄せられた。


なお、「デビスカップ」代表としても長く日本チームに貢献してきた鈴木貴男(日本/Team REC)が、自身のブログで杉田に帯同することを報告。「デ杯の中国戦が始まる前に直接依頼があり、これからにかける彼の強い気持ちを感じました」「全ての大会に帯同することは出来ませんが、可能な限り一緒に遠征します」とつづった。


杉田が世界トップの舞台で活躍する姿を期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2018年「全米オープン」での杉田祐一
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu