ATPニュース

デミノーの母が語る、19歳で世界29位の才能は「ファイティングスピリット」

ガッツポーズを見せるデミノー

注目を集める若手選手らの中に、アレックス・デミノー(オーストラリア)がいる。昨年、大きく飛躍して一気に注目を集めるプレーヤーの座を手にしたが、本人を最もよく知る人物の一人、つまり母親であるエスター・ローマンの視点からはデミノーの才能は「闘志(ファイティングスピリット)」だという。ATP(男子プロテニス協会)が明かした。

デミノーは現在、19歳で世界ランキング29位。2018年シーズンには「ATP250 ブリスベン」で準決勝まで勝ち上がり、続く「ATP250 シドニー」ではファイナリストに。さらには「ATP500 ワシントンD.C.」でも決勝の舞台に立ち、注目の的にもなった。


ほかにも同選手は世界ランキングで2018年初には208位だったが、同年末には31位に上昇。現在の順位は29位とさらに前進しており、38位のジョン・ミルマン(オーストラリア)や51位のニック・キリオス(オーストラリア)を押さえてオーストラリア出身の選手としては最高位を確保するなど、大きな飛躍を遂げた。


そのデミノーの強さを読み解くカギの一つはメンタリティにあるようで、デミノーの母親であるローマンは、私達両親から「受け継いだものではありませんし、他の息子や娘達にはありません。あの闘志は天賦の才なんです」と語る。


また「息子は昔から、対戦相手のあらゆるボールに追いつくコツを知っていました。息子に対してウィナーを決めるのは、いつだって簡単ではありませんでした」とローマンが語る通り、デミノーはほかの選手であれば諦めてしまう場面からでも多くのボールに食らいつき得点。まさに同選手の闘志も、プレーを支えている。


ほかにも、デミノーを後押しする支えがあり、デミノーとダブルスを組んで大会に出場することもあるレイトン・ヒューイット(オーストラリア)は支援者の一人だという。


デミノーの母親も「もちろん、レイトンがそばにいてくれることから恩恵を受けている。知識が豊富で、すべてを見てきました。トップまで上り詰めたので、トップになるには何が必要かを知っています。彼が息子のチームに加わってくれたことは素晴らしく、アドルフォ・グティエレスがコーチをしてくれて、レイトンがアドバイザーとして力になってくれるので、最強のチームです」と話す。


デミノー自身は2019年シーズンではすでに、「ATP250 ブリスベン」に出場し準々決勝に進出するなど早速存在感を示した。家族や偉大な先輩であるヒューイットの支援も得て、今後、どのように活躍してくれるか楽しみだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真はガッツポーズを見せるデミノー
(Photo by Matt King/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu