ATPニュース

【速報】錦織が逆転で第1セットを先取。約3年ぶりの優勝をかけたメドベージェフとの決勝[ATP250 ブリスベン]

「ATP250 ブリスベン」決勝での錦織圭

「ATP250 ブリスベン」(オーストラリア・ブリスベン/12月31日~1月6日/ハードコート)の大会最終日、男子シングルス決勝で第2シード錦織圭(日本/日清食品)が第4シードで世界16位のダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。第1セットは6-4で錦織が先取した。

両者の過去の対戦成績は1勝1敗のイーブン。直近の対戦は昨年の「楽天ジャパンオープン」決勝で、そのときはメドベージェフに敗れている。準決勝後のインタビューで「ブリスベンでは2年前に決勝で負けているので、優勝できたらいいなと思います」と意気込みを語った錦織。約3年ぶりとなる優勝を果たすことができるのか、期待がかかる。


第1セットはメドベージェフのサービスゲームから始まった。1プレー目から激しいストローク戦が繰り広げられ、第2ゲームで錦織は0-40とピンチを迎えた。ファーストサーブの成功率がこれまでに比べると低い錦織は、デュースまでしのいだもののブレークを許す。続く第3ゲームで錦織はブレークバックのチャンスをつかんだが、ここはブレークすることができずに追う立場となった。


第4ゲームでもデュースに追い込まれた錦織だったが、徐々に確率の上がってきたファーストサーブで乗り切り、ブレークポイントを与えない。そして第5ゲームでブレークバックに成功し、ゲームカウント2-3とブレークの数で並ぶ。


さらに第7ゲームでも30-40とチャンスをつかんだ錦織は、回り込んでのフォアハンドの見事なリターンエースを決めてブレークに成功。ゲームカウント4-3と今度はリードする立場になった。


そしてお互いにキープして迎えた第10ゲームが錦織のサービング・フォー・ザ・セットとなった。錦織は前に出て攻める姿勢を見せてラブゲームでキープし、第1セットを6-4で先取した。


試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 ブリスベン」決勝での錦織圭
(Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」

錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女国別対抗戦ホップマンカップをお届け。

【放送予定】
12月29日(土)~2019年1月6日(日)連日生中継[12月29日(土)~2019年1月2日(水)無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu