ATPニュース

錦織「うっちーとプレーしたかった」インタビューで思わずポロリ[ATP250 ブリスベン]

「ATP250 ブリスベン」準々決勝での錦織圭

「ATP250 ブリスベン」(オーストラリア・ブリスベン/12月31日~1月6日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス準々決勝で第6シードグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を7-5、7-5のストレートで破り、準決勝進出を果たした錦織圭(日本/日清食品)が試合後のオンコートインタビューに答えた。

最初に「良い試合でしたね。あなたとディミトロフだと激戦になると予測していましたが」と伝えられると錦織は「私も厳しい試合になると思っていました。ディミトロフは素晴らしい選手ですし、タフなラリーをいつもしますから。今日は自分のプレーができて良かったです」と答えた。


「接戦だったこの試合。もしかしたらフルセットになったのでは?」という問いには「そうですね。私も第3セットまでいくかと予測していました。第2セットの途中でもっと良いプレーをしないと長引くなと思っていました。ここ何試合かは良い試合ができていて、今日もその調子が保てて良かったです」と語った。


「怪我で離脱してランクを大幅に下げ、そしてここまで戻ってきましたね。もう本調子に戻ったということですか?」という質問には「次の目標としてトップ5を目指しています。昨年は良いテニスができて、徐々にランクを上げることができていました。今年をこんな形でスタートできてとても嬉しいです。今後に向けてワクワクしています」と答えた。


次戦は準決勝でジェレミー・シャルディ(フランス)と対戦する錦織。シャルディは内山靖崇(日本/北日本物産)を破っての勝ち上がりだ。そのことについて問われると「うっちー(内山)とプレーしたかったという気持ちもありましたが、シャルディも素晴らしい選手です。フォアハンドも強力ですし、アグレッシブです。今日の疲れをリカバーして明日に備えます」と語った。


ディミトロフとの激戦を、素晴らしいサーブとアグレッシブなプレーで制した錦織。次戦は日本人同士の対決とはならなかったが、シャルディとどんな試合を見せてくれるのか、期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 ブリスベン」準々決勝での錦織圭
(Photo by Chris Hyde/Getty Images)

「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」

錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女国別対抗戦ホップマンカップをお届け。

【放送予定】
12月29日(土)~2019年1月6日(日)連日生中継[12月29日(土)~2019年1月2日(水)無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu