ATPニュース

【速報】錦織 ベスト4進出。好調サーブでディミトロフを撃破[ATP250 ブリスベン]

「ATP250 ブリスベン」での錦織圭

「ATP250 ブリスベン」(オーストラリア・ブリスベン/12月31日~1月6日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス準々決勝で第2シード錦織圭(日本/日清食品)が第6シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦。錦織が7-5、7-5で勝利し、ベスト4入りを果たした。

勝利した錦織は、準決勝でジェレミー・シャルディ(フランス)と対戦する。シャルディは内山靖崇(日本/北日本物産)を破っての勝ち上がり。


第2セットもディミトロフのサービスゲームから始まった。第1ゲームで錦織はデュースまで追い込んだがブレークまで至らない。そして第2ゲームで30-40とこの試合で初めてディミトロフにブレークポイントを握られる。


なんとかしのぎたい錦織はネットプレーに出るが、ボレーがサイドアウトとなってブレークを喫した。続く第3ゲームでブレークバックのチャンスを作った錦織だが、ディミトロフのスーパープレーに阻まれブレークすることができない。


1ブレークダウンとされた錦織は第7ゲームでも2本のブレークチャンスを迎えると、一旦はしのがれてデュースに持ち込まれたが、このチャンスを活かしてついにブレークバックに成功。ゲームカウント3-4とし、ブレークの数で並んだ。


お互いにキープして迎えた第11ゲームでディミトロフが2連続でダブルフォルトとなり、錦織にブレークチャンスが訪れる。そしてラリーを制した錦織がブレークに成功し、勝利まであと1ゲームとした。


ゲームカウント6-5で迎えた第12ゲーム、錦織のサービング・フォー・ザ・マッチ。ここを錦織が落ち着いてキープし、7-5で第2セットを連取して勝利を決めた。


錦織はこの試合、ファーストサーブの確率が非常に高く80%を記録。ファーストサーブでのポイント獲得率も79%、セカンドサーブでも75%でポイントを獲得した。1ブレークを許したものの、ピンチはこの1本のみと安定した試合運びを見せ、次戦に期待の持てる内容だった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 ブリスベン」での錦織圭
(Photo by Chris Hyde/Getty Images)

「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」

錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女国別対抗戦ホップマンカップをお届け。

【放送予定】
12月29日(土)~2019年1月6日(日)連日生中継[12月29日(土)~2019年1月2日(水)無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu