マイページ

ATPニュース

【1/3試合結果】錦織 大坂なおみがベスト4進出。ダニエル太郎と内山は敗退

「ATP250 ブリスベン」での錦織圭

3日、「ATP250 ブリスベン」「ブリスベン国際」(オーストラリア・ブリスベン/12月31日~1月6日/ハードコート)の大会4日目。男子シングルス2回戦・準々決勝、男子ダブルス準々決勝、女子シングルス準々決勝、女子ダブルス準々決勝が行われた。


この日は錦織圭(日本/日清食品)、大坂なおみ(日本/日清食品)、ダニエル太郎(日本/エイブル)、内山靖崇(日本/北日本物産)がそれぞれ同じセンターコートに登場する、日本テニス界にとって非常に嬉しい一日となった。

◇   ◇   ◇


男子シングルス準々決勝で、今大会第2シードで世界9位の錦織圭(日本/日清食品)がベスト4に勝ち進んだ。錦織は第6シードで世界19位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を7-5、7-5のストレートで下し、2017年同大会決勝で敗れた相手に借りを返した。


錦織はこの試合、ファーストサーブの確率が80%と高い数字を記録。1度のブレークは許したものの、ピンチはその1本のみとほぼ安定した試合運びで、次戦にも期待の持てるプレーを見せた。


一方、内山靖崇(日本/北日本物産)とダニエル太郎(日本/エイブル)は残念ながらそれぞれ敗退となった。


予選勝者で世界185位の内山は今大会で自身初となるツアーベスト8入りを果たしたが、準々決勝で世界40位ジェレミー・シャルディ(フランス)に惜しくも競り負けた。


世界77位のダニエル太郎は今大会予選敗退後、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が棄権したためラッキールーザーとして本戦出場。しかし初戦として臨んだ2回戦、元世界5位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に対し序盤は善戦するも勝利を掴むことはできなかった。


女子シングルス準々決勝では、今大会第2シードで世界5位の大坂なおみ(日本/日清食品)が逆転勝ちでベスト4進出を決めた。


過去2連敗中だった相手、第8シードの世界11位アナスタシア・セバストワ(ラトビア)に第1セットを奪われるも、第2セットで息を吹き返した大坂。6-0の通称「ベーグル」で第2セットを取り返すと、最終セットも追いすがろうとする相手を振り切った。


◇   ◇   ◇


【1月3日 主な試合結果】


◆男子シングルス


準々決勝


〇[2]錦織圭(日本/日清食品)7-5、7-5 ●[6]グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)


ジェレミー・シャルディ(フランス)6-4、3-6、7-6(4) ●[Q]内山靖崇(日本/北日本物産)


2回戦


〇[PR]ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)7-6(5)、6-3 ●[LL]ダニエル太郎(日本/エイブル)


◆女子シングルス


準々決勝


〇[2]大坂なおみ(日本/日清食品)3-6、6-0、6-4 ●[8]アナスタシア・セバストワ(ラトビア)


◆女子ダブルス


準々決勝


〇[2]ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)6-2、7-5 ●穂積絵莉(日本/橋本総業ホールディングス)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 ブリスベン」での錦織圭
(Photo by Chris Hyde/Getty Images)

「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」

錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女国別対抗戦ホップマンカップをお届け。

【放送予定】
12月29日(土)~2019年1月6日(日)連日生中継[12月29日(土)~2019年1月2日(水)無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu