ATPニュース

快進撃の内山は惜しくもベスト4ならず。世界40位シャルディに惜敗[ATP250 ブリスベン]

「ATP250 ブリスベン」での内山靖崇

「ATP250 ブリスベン」(オーストラリア・ブリスベン/12月31日~1月6日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス準々決勝で内山靖崇(日本/北日本物産)がジェレミー・シャルディ(フランス)と対戦。4-6、6-3、6(4)-7で内山が敗れ、準々決勝敗退となった。試合時間は2時間7分。

両者は今回が初の対戦。世界185位の内山は予選から、世界40位のシャルディもノーシードのために1回戦から勝ち上がってきており、2回戦でそれぞれ第3シードのカイル・エドマンド(イギリス)、第8シードのニック・キリオス(オーストラリア)とシード選手を破って勝ち上がってきている。


第1セット、第4ゲームでブレークを喫した内山だが、第7ゲームでブレークバックに成功する。しかし第10ゲームで再びシャルディにブレークされ、第1セットを4-6で落とした。


続く第2セットでは気持ちを切り替えた内山が第1ゲームでブレークに成功し、リードを作った。そして第8ゲームでシャルディに2本のブレークポイントを握られるもしのいだ内山が、第10ゲームをラブゲームでブレークし、6-3で第2セットを取る。


第3セット、第5ゲームでシャルディにブレークを喫した内山だが、直後の第6ゲームでブレークバックに成功すると、続く第7ゲームをラブゲームでキープしてしっかりとシャルディに追いついた。第12ゲームでマッチポイントを握った内山だが、ここはしのがれてタイブレークで決着を付けることに。タイブレークではお互いにミニブレークの奪い合いという激しい戦いになり、接戦の末に6(4)-7で内山が敗れ、準々決勝敗退となった。


勝利したシャルディはこの後に行われる錦織圭(日本/日清食品)とグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)の勝者と準決勝で対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 ブリスベン」での内山靖崇
(Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」

錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女国別対抗戦ホップマンカップをお届け。

【放送予定】
12月29日(土)~2019年1月6日(日)連日生中継[12月29日(土)~2019年1月2日(水)無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu