ATPニュース

ナダルが欠場を発表。ダニエル太郎が代わりに出場しツォンガと対戦[ATP250 ブリスベン]

2018年の「ATP250 ウィンストン・セーラム」でのダニエル太郎

「ATP250 ブリスベン」(オーストラリア・ブリスベン/12月31日~1月6日/ハードコート)が公式Twitterで、第1シードで出場予定だったラファエル・ナダル(スペイン)が欠場することを発表。代わりに予選で敗退していたダニエル太郎(日本/エイブル)がラッキールーザーとして本戦に出場することが決まった。

2018年に「全仏オープン」を含む5大会で優勝する良好な成績を収めたナダルだが、シーズン後半には膝や腹筋の怪我により「全米オープン」以降、相次いで大会を欠場していた。


先月の28日にUAEのアブダビで行われたエキシビションマッチ「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」で約4ヵ月ぶりに実戦のコートに戻ってきたナダルは、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦。試合には負けたものの、3セットを戦い抜けるまで回復した姿を見せていた。また、ナダルのコーチを務めるカルロス・モヤ(スペイン)も「われわれはまさに望んだ場所にいる。回復は順調だ」と話していたが、そこからわずか5日後に左大腿の負傷によっての棄権となってしまった。


世界77位のダニエルが対戦するのは世界239位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)。現在の世界ランキングではダニエルの方が上回っているが、ツォンガは2012年に自身最高位の5位を記録し、その後もトップ20位以内で活躍してきた選手。昨年は膝の手術などにより欠場が続き、現在の位置まで順位を落としている。9月に復帰したものの、良い成績を残せないままシーズンを終えた。しかし、今大会の1回戦ではタナシ・コキナキス(オーストラリア)を7-6(6)、6-4のストレートで破っており、調子を戻してきている。


本来の実力で見ると格上の相手だが、ダニエルが見事に勝利を飾ることができるのか、期待がかかる。両者の試合は、日本時間の1月3日午前10時頃に開始予定。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2018年の「ATP250 ウィンストン・セーラム」でのダニエル太郎
(Photo by Jared C. Tilton/Getty Images)

「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」

錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女国別対抗戦ホップマンカップをお届け。

【放送予定】
12月29日(土)~2019年1月6日(日)連日生中継[12月29日(土)~2019年1月2日(水)無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu