ATPニュース

錦織 2019年は「トップ5に返り咲いて、大きな大会で優勝したい」

「ATP250 ブリスベン」で会見した錦織

2019年シーズン開幕戦を迎えようとしている、日本男子テニス界のエース錦織圭(日本/日清食品)。20代最後のシーズンとなる錦織を29日、ATP(男子プロテニス協会)が特集した。

2018年は錦織にとって復活をかけた年だった。復帰初戦には下部大会を選び、当時世界238位の選手に敗れるという厳しいスタートになりながらも、4月の「ATP1000 モンテカルロ」で準優勝を飾ると、「ウィンブルドン」では自身初となるベスト8へ進出。「全米オープン」では3度目となるベスト4へ進出し、ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」にも出場。トップ10に返り咲き、9位でシーズンを終えた。


2018年を振り返り、錦織は「自分のテニスを取り戻すのに、少し時間がかかった…それに、手首も痛かった。100パーセント治るまでには少し時間がかかった」「当時は年末にトップ10入りできているとは、ほとんど想像もできなかった。それでも去年ロンドンでプレーを締めくくれて、とてもハッピーだった」と話している。


特集の中では、錦織をジュニア時代に指導をしていたポール・フォーサイスのコメントも紹介されており、「幼い頃に、すでにチャンピオンの特徴を見ることができた」「13歳の頃から、現在の彼の立ち位置まであの少年が成功するのは明らかだった」と若い頃から才能があったことを話している。


また、フォーサイスは「彼の写真をあしらった飛行機があると聞いた。以前聞いたんだが、すごいことだ。彼は日本ではアイドルなんだ」とJALの特別塗装機「JET-KEI」についても触れている。


その錦織は、「ATP250 ブリスベン」(オーストラリア・ブリスベン/12月31日~1月6日/ハードコート)から新シーズンをスタートさせる。


更なる躍進を目指す2019年。錦織も「トップ5に返り咲いて、大きな大会で優勝したい」と特集の最後で語っており、活躍が期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 ブリスベン」で会見した錦織
(Photo by TPN/Getty Images)

「テニス2019シーズン開幕!ブリスベン&ホップマンカップ」

錦織圭が出場を予定するATPツアーの開幕戦ブリスベンと、ロジャー・フェデラーセレナ・ウイリアムズらが出場予定の男女国別対抗戦ホップマンカップをお届け。

【放送予定】
12月29日(土)~2019年1月6日(日)連日生中継[12月29日(土)~2019年1月2日(水)無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu