マイページ

ATPニュース

ついにズベレフ時代来るか。21歳までの戦績はBIG4レベル

「Nitto ATPファイナルズ」優勝セレモニーでのズベレフ

2018年のテニス男子ツアーは、21歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が最終戦初優勝を飾って幕を閉じた。特に決勝は、完全復活した世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を攻略してのストレート勝利であり、21歳の若さでの最終戦初優勝は2008年のジョコビッチ以来だったことから、本格的にズベレフの時代が来るのではと思わせる結果となった。

ATP(男子プロテニス協会)は、そのズベレフとBIG4と呼ばれるロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ジョコビッチ、アンディ・マレー(イギリス)が21歳と212日(ズベレフが最終戦優勝した年齢)までに残してきた通算獲得タイトル数、マスターズ1000獲得タイトル数、自己最高ランキング、通算勝敗を比較。時代が異なりはするが、ズベレフがBIG4と遜色ないことを伝えている。その数字は以下の通り。


■通算獲得タイトル数
ナダル 23個
ジョコビッチ 11個
ズベレフ 10個
マレー 8個
フェデラー 6個


■マスターズ1000獲得タイトル数
ナダル 9個
ジョコビッチ 4個
ズベレフ 3個
マレー 2個
フェデラー 1個


■自己最高ランキング
ナダル 2位
ジョコビッチ 3位
ズベレフ 3位
マレー 4位
フェデラー 4位


■通算勝敗
ナダル 254勝66敗
ジョコビッチ 185勝68敗
フェデラー 178勝97敗
ズベレフ 175勝89敗
マレー 155勝65敗


ズベレフはグランドスラムでは最高成績が今年の「全仏オープン」でのベスト8のみと、まだ世界ランキング通りの戦績をあまり残せていないが、マスターズ1000ではすでに3つのタイトルを獲得している。ここ2年はフェデラー、ナダル、ジョコビッチがグランドスラムタイトルを独占してきたが、2019年シーズンにBIG4以外が優勝トロフィーを掲げるならその候補の一人はズベレフだといえるだろう。


もちろん、ズベレフ以外にも今年マスターズ1000を初制覇した世界11位で22歳のカレン・ハチャノフ(ロシア)や、世界12位で22歳のボルナ・チョリッチ(クロアチア)、今年の「Next Gen ATP ファイナルズ」優勝者で世界15位の20歳であるステファノス・チチパス(ギリシャ)といった他の若手の台頭も著しい。


さらには32歳にして最高のシーズンを過ごしたケビン・アンダーソン(南アフリカ)や、再び復活を目指すフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、今シーズン手首の怪我から復活しトップ10へ返り咲いた錦織圭(日本/日清食品)らもいる。


2018年シーズンが終わったばかりだが、2019年はズベレフの時代が来るのか、BIG4がやはり阻むのか、それとも他の選手が輝きを見せるのか今から楽しみだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「Nitto ATPファイナルズ」優勝セレモニーでのズベレフ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu