ATPニュース

【11/11試合結果】錦織、フェデラーにストレート勝利で最終戦白星スタート。初出場アンダーソンは初戦勝利[Nitto ATPファイナルズ]

「Nitto ATPファイナルズ」での錦織

11月11日、男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)大会1日目。男子シングルス「レイトン・ヒューイット」第1戦、男子ダブルス「ロドラ/サントロ」第1戦が行われた。

シングルスでは、世界9位の錦織圭(日本/日清食品)が世界3位のロジャー・フェデラー(スイス)に7-6(4)、6-3とストレートで勝利。ツアー最終戦白星スタートを切った。

タイブレークを制して第1セットを先取した錦織。続く第2セット第1ゲームでいきなりブレークを喫するも、直後にブレークバック。錦織は第6ゲームでもブレークし、そのままリードを保ってセットを連取した。錦織はフェデラーとこれまで9回対戦し錦織の2勝7敗、6連敗となっていた。しかし、今シーズン3度目となるこの対戦で、4年8ヶ月ぶりにフェデラーに勝利し連敗を止めた。

錦織は試合後のインタビューで「良いテニスをすることはもちろん、フォアで攻めることを意識しながら今日は戦いました。途中でラッキーなポイントもありましたし、今日は勝ててとても嬉しいです」と振り返った。

そして次戦に向けて「確実にレベルを上げていかないといけないと思います。今日も反省点は多くあったので。この勝利を自信にして、次も戦いたいと思います」と意気込みを語った。錦織は第2戦で世界6位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。

一方、ツアー最終戦初出場のアンダーソンは世界8位のドミニク・ティーム(オーストリア)に6-3、7-6(10)で勝利。この試合アンダーソンは13本のエースを決め、ブレークポイントを握られることなく初戦をストレート勝利で飾った。

またこの日11月11日はアンダーソンの妻であるケルシーさんの誕生日でもあり、勝利後のオンコートインタビューでは観客をまきこんでHappy Birthdayの歌を歌う場面も。この勝利は妻への最高のプレゼントにもなった。

■「レイトン・ヒューイット」第1戦までの戦績
[2]ロジャー・フェデラー(スイス) 0勝1敗
[4]ケビン・アンダーソン(南アフリカ) 1勝0敗
[6]ドミニク・ティーム(オーストリア) 0勝1敗
[7]錦織圭(日本/日清食品) 1勝0敗

同大会には、1年の終わりに年間獲得ポイントの高い上位8人(ダブルスは8組)が出場。4人(4組)ずつ2つのグループに分かれ総当たりで戦い、上位2人(2組)ずつが決勝トーナメントに進むというルールだ。

◇   ◇   ◇

【11月11日 試合結果】

◆男子シングルス グループステージ「レイトン・ヒューイット」 第1戦

〇[7]錦織圭(日本/日清食品)7-6(4)、6-3 ●[2]ロジャー・フェデラー(スイス)

〇[4]ケビン・アンダーソン(南アフリカ)6-3、7-6(10) ●[6]ドミニク・ティーム(オーストリア)

◆男子ダブルス グループステージ「ロドラ/サントロ」 第1戦

〇[2]フアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)6-3、6-4 ●[7]ニコラ・メクティッチ(クロアチア)/アレクサンダー・ペヤ(オーストリア)

〇[4]ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)7-6(5)、4-6、10-5 ●[6]レイブン・クラーセン(南アフリカ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「Nitto ATPファイナルズ」での錦織
(photo by Hongbo Chen/Action Plus via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu