マイページ

ATPニュース

【11/11注目ドロー】錦織が第1戦でフェデラーと、アンダーソンはティームと対戦。ツアー最終戦がいよいよ開幕[Nitto ATPファイナルズ]

「ATP1000 パリ」での錦織圭

11月11日、男子ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月11~18日/室内ハードコート)大会1日目。本日はシングルス・ダブルス共に一方のグループの第1戦が行われる。

シングルスでは、4人ずつ「グーガ・クエルテン」「レイトン・ヒューイット」の2つに分かれて総当たりで戦うグループステージ、本日は「レイトン・ヒューイット」の第1戦が行われる。

世界ランキング9位の錦織圭(日本/日清食品)は世界3位のロジャー・フェデラー(スイス)と対戦する。両者は過去9回対戦して錦織の2勝7敗となっている。

同大会に2年ぶり4度目の出場となる錦織。最高成績は2014、2016年のベスト4となっている。今シーズン1月に約5ヶ月間のツアー離脱から復帰した錦織は、11月5日のランキング更新で1年2ヶ月ぶりに見事トップ10に返り咲いた。また、ツアー最終戦に向けて錦織は「1年の始まりはチャレンジャーからのスタートでした。最後ここまで来れてとても嬉しいですし、まだここからが勝負なのでもう1週間頑張りたいと思います」と意気込みを話した。

一方のフェデラーは同大会史上最多、6度優勝した経験を持つ。最後の優勝は2011年のため、7年ぶりのタイトル獲得を狙う。また今シーズンは4個のツアータイトルを獲得。10月の地元大会「ATP500 バーゼル」では2年連続9度目の優勝。そしてキャリア通算99個目のタイトル獲得となった。

現在、対フェデラー戦で6連敗となっている錦織。厳しい初戦となることが予想されるが、見事勝利を飾り好スタートを切ることが期待される。両者の試合は日本時間12日の午前5時ごろ開始の予定だ。

世界6位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)は世界8位のドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦する。両者は過去8回対戦していて、アンダーソンの6勝2敗となっている。同大会に初出場を決めたアンダーソンと3年連続、3回目の出場となるティーム。初戦を制するのはどちらか。試合は日本時間11日の23時に開始予定だ。

ダブルスでは4組ずつ「ロドラ/サントロ」「ノウルズ/ネスター」の2つに分かれて総当たりで戦うグループステージ。本日は「ロドラ/サントロ」の第1戦が行われる。第2シードフアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)、第4シードのジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)らが登場する。

同大会には、1年の終わりに年間獲得ポイントの高い上位8人(ダブルスは8組)が出場。4人/4組ずつ2つのグループに分かれ総当たりで戦い、上位2人/2組ずつが決勝トーナメントに進むというルールだ。

◇   ◇   ◇

【11月11日の注目ドロー

◆男子シングルス グループステージ「レイトン・ヒューイット」 第1戦

[2]ロジャー・フェデラー(スイス)対 [7]錦織圭(日本/日清食品)

[4]ケビン・アンダーソン(南アフリカ)対 [6]ドミニク・ティーム(オーストリア)

◆男子ダブルス グループステージ「ロドラ/サントロ」 第1戦

[2]フアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)対 [7]ニコラ・メクティッチ(クロアチア)/アレクサンダー・ペヤ(オーストリア)

[4]ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)対 [6]レイブン・クラーセン(南アフリカ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 パリ」での錦織圭
(Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu