マイページ

ATPニュース

【11/3注目ドロー】ジョコビッチVSフェデラー 決勝進出をかけ47回目の対戦。ティームはハチャノフとの準決勝[ATP1000 パリ]

「ATP1000 パリ」でのジョコビッチ

11月3日、「ATP1000 パリ」(フランス・パリ/10月29日~11月4日/室内ハードコート)大会6日目。男子シングルス準決勝、男子ダブルス準決勝が行われる。

男子シングルス準決勝、第2シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)と対戦する。両者は過去46回対戦しており、ジョコビッチの24勝22敗。最後に対戦したのは8月の「ATP1000 シンシナティ」決勝で、その時はジョコビッチが勝利。今シーズン2度目の対戦となる。

ジョコビッチは「ATP1000 パリ」で4度優勝しており、3年ぶりのベスト4進出。また、「ATP1000 シンシナティ」「全米オープン」「ATP1000 上海」と出場3大会連続で優勝、現在21試合連続で勝利している。

一方のフェデラーは「ATP1000 パリ」で2011年に1度優勝し、5年ぶりのベスト4進出。直近の「ATP500 バーゼル」でキャリア通算99個目のタイトルを獲得し、今大会で100個目を目指す。

長年のライバルであるジョコビッチとフェデラー、47回目となる対戦でどのような試合展開を見せるか。試合は日本時間4日午前0時30分に開始予定だ。

第6シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は世界18位のカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦する。両者は今回が初対戦。対戦相手のハチャノフは、今大会3回戦で第8シードのジョン・イズナー(アメリカ)、準々決勝で第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を破っての勝ち上がりだ。

ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」の出場権を獲得したティーム、勢いに乗るハチャノフ。どちらが決勝への切符を掴むか。ティームとハチャノフの対戦は、日本時間3日22時に開始予定。

◇   ◇   ◇

【11月3日の注目ドロー

◆男子シングルス

準決勝

[3]ロジャー・フェデラー(スイス)対 [2]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

[6]ドミニク・ティーム(オーストリア)対 カレン・ハチャノフ(ロシア)

◆男子ダブルス

準決勝

[1]オリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)対 マルセル・グラノイェルス(スペイン)/ラジーブ・ラム(アメリカ)

ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)/オリア・テカウ(ルーマニア)対 [2]マイク・ブライアン(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 パリ」でのジョコビッチ
(Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu