ATPニュース

【11/1試合結果】錦織とティームはベスト8入りし、最終戦ランクを争ったイズナーは敗退。加藤/二宮はエリート・トロフィー黒星スタート

「ATP1000 パリ」での錦織圭

■「ATP1000 パリ」(フランス・パリ/10月29日~11月4日/室内ハードコート)

男子シングルス3回戦、第10シード錦織圭(日本/日清食品)が第7シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)に6-4、6-4で勝利。前週「ATP500 ウィーン」決勝のリベンジを果たした。

一方、先に試合を行ったジョン・イズナー(アメリカ)とボルナ・チョリッチ(クロアチア)はそれぞれ敗れた。さらに現在世界10位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)もポイント失効があるため、錦織は翌週発表される世界ランキングで9位以上が確定。1年2ヶ月ぶりにトップ10に返り咲くこととなった。

試合後のインタビューで錦織は「ひとまずは嬉しいですね。トップ10を今年の目標にしていましたから。最初はトップ10に戻ってくるのがなかなか想像もできない、チャレンジャーからのスタートだったので」と思わず笑みをこぼした。

また、年間上位8位までが出場できるツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」出場権争いにおいては、錦織は現在9位。10位のイズナーが今大会敗退した事により、イズナーが錦織を上回ることはなくなった。レースランキング8位のドミニク・ティーム(オーストリア)はベスト8に勝ち上がっている。

■「WTAエリート・トロフィー珠海」(中国・珠海/10月29日~11月4日/ハードコート)

女子ダブルス「ブーゲンビリア・グループ」、加藤未唯(日本/ザイマックス)/二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)の初戦。リュドミーラ・キチェノク(ウクライナ)/ナディヤ・キチェノク(ウクライナ)に4-6、6-1、7-10のフルセットで敗れ、残念ながら黒星スタートとなった。

今大会の出場者は、シングルスは「BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール」には出場できなかった選手の中で、上位11人とワイルドカード(主催者推薦枠)1人。ダブルスは世界ランキング8位以降の上位4組とワイルドカード(主催者推薦枠)2組。

加藤/二宮が出場のダブルスは、各3組ずつ「リリィ・グループ」「ブーゲンビリア・グループ」の2グループに分かれて総当たり戦を行い、各グループの1位勝者が決勝に進出する。

◇   ◇   ◇

【11月1日 主な試合結果】

◆「ATP1000 パリ」

男子シングルス3回戦

〇[10]錦織圭(日本/日清食品)6-4、6-4 ●[7]ケビン・アンダーソン(南アフリカ)

〇[6]ドミニク・ティーム(オーストリア)6(3)-7、6-2、7-5 ●[11]ボルナ・チョリッチ(クロアチア)

カレン・ハチャノフ(ロシア)6-4、6(9)-7、7-6(8) ●[8]ジョン・イズナー(アメリカ)

〇[2]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6-1、2-1(Ret) ●ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

〇[3]ロジャー・フェデラー(スイス)6-4、6-3 ●[13]ファビオ・フォニーニ(イタリア)

〇[4]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)6-4、6-2 ●[15]ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)

〇[5]マリン・チリッチ(クロアチア)7-6(5)、6-4 ●[9]グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

男子ダブルス2回戦

〇[1]オリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)7-6(9)、6-3 ●ロハン・ボパンナ(インド)/エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)

◆「WTAエリート・トロフィー珠海」

「ブーゲンビリア・グループ」

〇[3]リュドミーラ・キチェノク(ウクライナ)/ナディヤ・キチェノク(ウクライナ)6-4、1-6、10-7 ●[2]加藤未唯(日本/ザイマックス)/二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 パリ」での錦織圭
(Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu