マイページ

ATPニュース

【10/31注目ドロー】錦織が初戦に臨む。最終戦出場を争うティーム、イズナーが登場[ATP1000 パリ]

「全米オープン」での錦織

10月31日、「ATP1000 パリ」(フランス・パリ/10月29日~11月4日/室内ハードコート)大会3日目。男子シングルス2回戦、男子ダブルス1・2回戦が行われる。

男子シングルス2回戦、第10シード1回戦は免除の錦織圭(日本/日清食品)が世界46位のアドリアン・マナリノ(フランス)と対戦する。両者は今回が初めての対戦となる。

現在世界ランキング11位で、トップ10復帰まであと一歩と迫った錦織。またシーズン最後に年間の上位8選手で競う「Nitto ATPファイナルズ」の出場権をかけたレース・トゥ・ロンドンでは現在9位だ。同日2回戦に登場するレースランキング8位のドミニク・ティーム(オーストリア)、10位のジョン・イズナー(アメリカ)と熾烈な争いを続けている。

前週の「ATP500 ウィーン」では決勝で惜しくも敗れた錦織。今大会、最終戦出場権獲得に向けてまずは初戦で好スタートを切ることが期待される。試合は日本時間31日19時に開始予定だ。

第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)は世界27位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)とスペイン人同士の対決に臨む。ナダルは「全米オープン」準決勝の途中に膝の故障で途中棄権。その後「ATP500 北京」と「ATP1000 上海」を欠場していた。故障から復帰のナダルがどの様な試合を見せるか注目。

また第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)は世界21位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦する。フェデラーは前週の地元大会「ATP500 バーゼル」で2年連続、9回目の優勝。そして、キャリア通算99個目のタイトルを獲得していた。フェデラーは「ATP1000 パリ」で2011年以来、2度目の優勝を目指す。

このほか、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は世界44位のフランシス・ティアフォー(アメリカ)と第7シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)は世界22位のニコラス・バシラシビリ(ジョージア)と対戦する。

男子ダブルス1回戦には、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)が登場。ドミニク・イングロット(イギリス)/フランコ・シュクゴール(クロアチア)と対戦する。マクラクラン勉/ストルフは、「楽天ジャパンオープン」で優勝していた。マクラクラン勉、個人としては連覇。ストルフとしては初のツアータイトル獲得となっていた。

◇   ◇   ◇

【10月31日の注目ドロー

◆男子シングルス

2回戦

アドリアン・マナリノ(フランス)対 [10]錦織圭(日本/日清食品)

[1]ラファエル・ナダル(スペイン)対 フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)対 [3]ロジャー・フェデラー(スイス)

[4]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)対 フランシス・ティアフォー(アメリカ)

ジル・シモン(フランス)対 [6]ドミニク・ティーム(オーストリア)

ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)対 [8]ジョン・イズナー(アメリカ)

[7]ケビン・アンダーソン(南アフリカ)対 ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)

ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)対 [9]グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

◆男子ダブルス

1回戦

マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)対 ドミニク・イングロット(イギリス)/フランコ・シュクゴール(クロアチア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」での錦織
(Photo by Cynthia Lum/Icon Sportswire via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu