マイページ

ATPニュース

【速報】ダニエル太郎が第1セットを奪われる。世界47位との準々決勝[ATP250 ウィンストン・セーラム]

「ATP250 ウィンストン・セーラム」2回戦のときのダニエル太郎

「ATP250 ウィンストン・セーラム」(アメリカ・ウィンストンセーラム/8月19~25日/ハードコート)の大会5日目、男子シングルス準々決勝でダニエル太郎(日本/エイブル)が第14シードニコラス・ジャリー(チリ)と対戦。第1セットは4-6でジャリーに先取された。

両者は今回が初の対戦となる。世界ランキング76位のダニエルが、47位のジャリーに挑む形となるが、「ATP250 グシュタード」「ゼネラリ・オープン」に続き、ATP250の大会では3大会連続でベスト8進出を果たしたダニエルがベスト4入りを果たせるのか、期待がかかる。

第1セットはダニエルのサービスゲームから始まった。お互いにキープして迎えた第3ゲーム、ダニエルは0-40とピンチを迎えた。ダニエルはジャリーの勢いをしのぎきることができずにブレークされ、1ブレークダウンとされた。

第4ゲームでダニエルは0-30とポイントリードするも、ブレークすることができず、続く第5ゲームで再び30-40とブレークポイントを握られてしまう。ここは上手くドロップショットでしのいでデュースに持ち込んでキープした。

その後、ダニエルはブレークのチャンスを作ることができないまま、ジャリーのサービング・フォー・ザ・セットとなる第10ゲームを迎えた。ダニエルはここでもブレークすることができずにキープされ、4-6で第1セットを落としてしまった。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP250 ウィンストン・セーラム」2回戦のときのダニエル太郎
(Photo by Jared C. Tilton/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu