ATPニュース

【速報】ジョコビッチが第1セットを落とす。前年覇者ディミトロフとの3回戦[ATP1000 シンシナティ]

「ATP1000 シンシナティ」2回戦のときのジョコビッチ

「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月12~19日/ハードコート)の大会5日目、男子シングルス3回戦で第10シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第5シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦。第1セットは2-6でディミトロフに先取された。

両者は過去に8回対戦しており、ジョコビッチから見て7勝1敗と大きく勝ち越している。史上初のゴールデンマスターズ(マスターズ1000の全9大会でタイトルを獲得)達成という偉業のかかるジョコビッチと、大会2連覇のかかるディミトロフの互いに譲れない戦いとなった。

第1セットはジョコビッチのサービスゲームから。お互いにキープして迎えた第3ゲーム、ディミトロフにブレークポイントを握られてしまう。そしてラリーの末にジョコビッチのショットがロングになり、ブレークされてしまった。

さらに第7ゲームではラブゲームでのブレークを喫し、ゲームカウント2-5となった。そして第8ゲームはディミトロフのサービング・フォー・ザ・セット。ここでもジョコビッチはチャンスを作ることができず、最後はディミトロフにサービスエースを決められて第1セットを2-6で落としてしまった。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 シンシナティ」2回戦のときのジョコビッチ
(Photo by Rob Carr/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu