マイページ

ATPニュース

【速報】ジョコビッチが第1セットを落とす。世界28位マナリノとの2回戦[ATP1000 シンシナティ]

「ATP1000 シンシナティ」1回戦のときのジョコビッチ

「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月12~19日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス2回戦で第10シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)がアドリアン・マナリノ(フランス)と対戦。第1セットは4-6でマナリノに先取されてしまった。

両者は過去に3回対戦しており、ジョコビッチの3勝0敗。直近の対戦は今年6月の「ATP500 ロンドン」準々決勝で、そのときを含めいずれもジョコビッチがストレートで勝利を収めている。しかし、3試合とも芝コートでの対戦。初となるハードコートでの対戦ではどんな結果が待っているのか、注目される。

第1セットはジョコビッチのサービスゲームから。第1ゲームでいきなりデュースに追い込まれたジョコビッチは、ブレークポイントを1本しのぎ、手こずりながらもキープする。

その後、お互いにキープが続くが、第5ゲームで30-40とマナリノにブレークポイントを握られてしまう。しかし、ここもなんとかしのいでキープに成功した。

そして第7ゲームでもマナリノにブレークポイントを握られてしまったジョコビッチは、ここをしのぎきることができずにブレークを喫し、ゲームカウント3-4とされてしまった。ジョコビッチはここまで防戦一方で、ブレークポイントを1本も握ることができていない。

ジョコビッチはブレークのチャンスを作ることができないまま、第10ゲームもマナリノにキープされ、ゲームカウント4-6で第1セットを落としてしまった。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP1000 シンシナティ」1回戦のときのジョコビッチ
(Photo by Adam Lacy/Icon Sportswire via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu