マイページ

ATPニュース

【速報】杉田がストレートで完敗、1回戦で姿を消す[ATPマスターズ1000 トロント]

「ウィンブルドン」のときの杉田祐一

「ATPマスターズ1000 トロント」(カナダ・トロント/8月6~12日/ハードコート)の大会初日、男子シングルス1回戦で杉田祐一(日本/三菱電機)がイリヤ・イバシカ(ベラルーシ)と対戦。2-6、3-6のストレートで杉田が敗れ、1回戦敗退となった。試合時間は1時間7分。

勝利したイバシカは、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)とライアン・ハリソン(アメリカ)の勝者と2回戦で対戦する。

第2セットもイバシカのサービスから。第3ゲームで杉田はイバシカのダブルフォルトでデュースになると、そこで粘ったもののブレークポイントを得るまでは至らず、イバシカにキープされてしまった。

その後、お互いにキープが続いたが、第8ゲームで杉田は15-40とされてピンチを迎える。1本はしのいだが、続くラリーでブレークを許してしまい、ゲームカウント3-5とされてしまう。

そしてイバシカのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲームで杉田は15-40と2本のマッチポイントを握られてしまった。なんとか1本はリターンエースで返したものの、続くプレーで杉田のショットがアウトとなり、第2セットを3-6で落としてしまった。

杉田はこの試合、1本もブレークポイントを握ること無く1回戦で姿を消すことになった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ウィンブルドン」のときの杉田祐一
(Photo by Matthew Lewis/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu