ATPニュース

【速報】マレーが深夜3時に及ぶ接戦を制しベスト8進出。感極まって号泣も[ATP500 ワシントンD.C.]

ベスト8に進出したマレー

「ATP500 ワシントンD.C.」(アメリカ・ワシントンD.C./7月30日~8月5日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス3回戦でアンディ・マレー(イギリス)がマリウス・コピル(ルーマニア)と対戦。6(5)-7、6-3、7-6(4)でマレーが勝利し、ベスト8進出を決めた。試合時間は3時間2分。

勝利したマレーは、準々決勝でアレックス・デミノー(オーストラリア)と対戦する。デミノーは第8シードチョン・ヒョン(韓国)を破っての勝ち上がり。

第3セットはマレーのサービスから。このセットもお互いに手堅くキープを続けていく。

第3セットで先にブレークポイントを握ったのはマレー。第4ゲームで30-40としたが、ここはしのがれてしまった。その後、第6ゲームで再びブレークポイントを握ったマレーは、コピルを振り切ってブレークに成功し、ゲームカウント4-2とリードした。しかし、続く第7ゲームでコピルにブレークバックを喫し、リードを保つことができなかった。

そこからお互いにキープが続き、第3セットもタイブレークに突入した。序盤からお互いにミニブレークを奪い合う激しい展開となったが、マレーが徐々にリードし、ポイント6-3としてマッチポイントを握った。1本はしのがれたが、最後はコピルのショットがネットに掛かり、7-6(4)でマレーが第3セットを奪って勝利した。

勝利したマレーはベンチに戻って座り込むと、人目をはばからず声を上げて泣き出してしまった。ここまで1回戦、2回戦、3回戦とすべてフルセットの試合を勝ち上がり、ベスト8に進出したマレーには、感極まるものがあったのだろう。

雨のために第1試合の開始が遅れてしまったため、この試合が始まったのは深夜0時頃。そして試合が終わったのはなんと現地時間で午前3時という、深夜の対決となった。最後まで戦いきったマレーとコピル、そしてスタッフや観客に拍手を送りたい。

(テニスデイリー編集部)

※写真はベスト8に進出したマレー
(Photo by Mitchell Layton/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu