ATPニュース

【速報】マレーが第1セットをタイブレークの末に落とす。世界93位との3回戦[ATP500 ワシントンD.C.]

「ATP500 ワシントンD.C.」2回戦のときのマレー

「ATP500 ワシントンD.C.」(アメリカ・ワシントンD.C./7月30日~8月5日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス3回戦でアンディ・マレー(イギリス)がマリウス・コピル(ルーマニア)と対戦。マレーは第1セットを6(5)-7で落としてしまった。

両者は今回が2回目の対戦となる。初対戦は昨年の「ATPマスターズ1000 マドリード」 で、そのときはマレーがストレートで勝利している。初のハードコート対戦となる今回、マレーがどのようなプレーを見せてくれるのか、注目が集まる。

第1セットの第1ゲームでマレーは30-40とピンチを迎えるが、なんとかここをしのぐ。その後、お互いにキープが続いたが、第5ゲームでまたしても15-40とブレークポイントを握られてしまった。しかし、ここも連続でポイントを奪ってキープし、ゲームカウント3-2とした。

マレーは第9ゲームでもブレークポイントを握られたが、なんとかキープする。マレーはコピルからブレークポイントを握ることができず、劣勢の状態が続く。

そして膠着状態の続いた第1セットは、タイブレークに突入した。タイブレークになると一転、マレーが5ポイントを立て続けに奪って大きくリードする。しかし、ここからコピルに7連続でポイントを奪われ、6(5)-7で第1セットを落としてしまった。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP500 ワシントンD.C.」2回戦のときのマレー
(Photo by Tony Quinn/Icon Sportswire via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu