ATPニュース

【6/30注目ドロー】世界2位ウォズニアッキが決勝に臨む。アンタルヤでは昨年準優勝のマナリノが再び決勝戦へ。

決勝に臨むウォズニアッキ(準決勝の時のもの)

■「イーストボーン国際」(イギリス・イーストボーン/6月24~30日/芝コート)

6月30日の女子シングルス決勝、第1シードで世界2位のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が45位のアリナ・サバレンカ(ベラルーシ)と対戦する。両者は今回が初めての対戦。ウォズニアッキは1月の「全豪オープン」で女王シモナ・ハレプ(ルーマニア)を破り優勝を果たした。一方、サバレンカはツアー優勝経験はないものの、4月の「レディース・オープン・ルガーノ」でも決勝に進出している。ウォズニアッキとサバレンカの対戦は日本時間20時30分開始予定。

■「男子テニスATPワールドツアー250 アンタルヤ」(トルコ・アンタルヤ/6月24~30日/芝コート)

男子シングルス決勝、第1シードで世界24位のアドリアン・マナリノ(フランス)と第2シードで30位のダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)が対戦する。両者はツアー本戦では2014年に1度だけ対戦しており、その時はマナリノが勝利している。2017年同大会では決勝で杉田祐一(日本/三菱電機)に敗れ準優勝となったマナリノと、キャリア通算3個目のタイトル獲得を目指すジュムホールがどのような戦いを見せるか注目だ。

■「男子テニスATPワールドツアー250 イーストボーン」(イギリス・イーストボーン/6月25~30日/芝コート)

男子シングルス決勝で、世界67位のミーシャ・ズベレフ(ドイツ)と94位のルーカス・ラッコ(スロバキア)が対戦する。M.ズベレフは、世界3位アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)の10歳年上の兄。M.ズベレフとラッコのツアー本戦での過去対戦成績は、M.ズベレフの1勝0敗となっている。また両者はどちらもツアー優勝経験がなく、初タイトル獲得をかけた戦いとなる。

◇   ◇   ◇

【6月30日の注目ドロー

◆「男子テニスATPワールドツアー250 アンタルヤ」

男子シングルス決勝

[1]アドリアン・マナリノ(フランス)対 [2]ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

◆「男子テニスATPワールドツアー250 イーストボーン」

男子シングルス決勝

ルーカス・ラッコ(スロバキア)対 ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)

◆「イーストボーン国際」

女子シングルス決勝

[1]カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)対 アリナ・サバレンカ(ベラルーシ)

女子ダブルス決勝

イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)/ミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)対 [4]ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/シュー・イーファン(中国)

(テニスデイリー編集部)

※写真は決勝に臨むウォズニアッキ(準決勝の時のもの)
(Photo by Bryn Lennon/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu