ATPニュース

【6/24ロンドン注目ドロー】ジョコ復帰後初の優勝なるか。第1シードのチリッチとの決勝戦へ

チリッチとの決勝に臨むジョコビッチ(準決勝の時のもの)

6月24日、「男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月18~24日/芝コート)大会最終日の7日目。シングルス決勝、ダブルス決勝が行われる。

男子シングルス決勝で元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、今大会第1シードで世界ランキング6位のマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。ジョコビッチはチリッチに過去14勝1敗、最後に対戦したのは2016年「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 パリ」でその時はチリッチにストレートで敗れていた。ジョコビッチは今大会準々決勝で、1968年のオープン化以降史上10人目のツアー通算800勝目を挙げており、決勝でも勝って有終の美を飾れるか注目だ。

対するチリッチは今大会準々決勝で第5シードで世界13位のサム・クエリー(アメリカ)、準決勝で今大会好調だった世界21位ニック・キリオス(オーストラリア)を破っての決勝進出。シード勢が初戦から姿を消してゆく中、第1シードとして順当に勝ち上がってきた。ジョコビッチとチリッチの決勝はセンターコートの第1試合で、日本時間22時30分から開始予定。

ダブルス決勝では、第2シードのヘンリー・コンティネン(フィンランド)/ジョン・ピアース(オーストラリア)と第4シードのジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)が対戦する。マレー/ソアレスは準決勝で、ダブルス世界1位・2位で「全仏オープン」準優勝ペアのオリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)をフルセットで破り決勝に上がってきた。

◇   ◇   ◇

【6月24日の注目ドロー

◆男子シングルス

決勝

[1]マリン・チリッチ(クロアチア)対[WC]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

◆男子ダブルス

決勝

[4]ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)対[2]ヘンリー・コンティネン(フィンランド)/ジョン・ピアース(オーストラリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真はチリッチとの決勝に臨むジョコビッチ(準決勝の時のもの)
(photo by John Patrick Fletcher/Action Plus via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu