マイページ

ATPニュース

【6/23ロンドン注目ドロー】ジョコ 同大会10年ぶりの決勝目指す。第1シードのチリッチは好調キリオスとの準決勝

シャルディとの準決勝に臨むジョコビッチ(準々決勝の時のもの)

6月23日、「男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月18~24日/芝コート)大会6日目。シングルス準決勝、ダブルス準決勝が行われる。

男子シングルス準決勝で元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、61位のジェレミー・シャルディ(フランス)と対戦する。ジョコビッチにとってシャルディは、過去10勝0敗と負けなしの"お得意様"だ。さらにこれまでシャルディに1セットも与えたことがない。

ジョコビッチは今大会準々決勝で、1968年のオープン化以降史上10人目のツアー通算800勝目を挙げている。同大会においては2008年以来の準決勝で、相性の良いシャルディを相手にどのようなプレーを見せるか。ジョコビッチとシャルディの準決勝はセンターコートの第2試合で、日本時間23時頃に開始予定。

もう一方の準決勝では、第1シードで世界ランキング6位のマリン・チリッチ(クロアチア)が、世界21位のニック・キリオス(オーストラリア)と対戦する。両者の過去の対戦成績は1勝1敗。チリッチの198cmの身長から放たれるパワフルなサービスが唸るか、はたまた2回戦・準々決勝で2試合連続32本のサービスエースを叩き出した好調キリオスが勝るか。注目の両者の準決勝はセンターコートの第1試合で、日本時間21時から開始予定。

◇   ◇   ◇

【6月23日の注目ドロー

◆男子シングルス

準決勝

ジェレミー・シャルディ(フランス)対[WC]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

[1]マリン・チリッチ(クロアチア)対ニック・キリオス(オーストラリア)

◆男子ダブルス

準決勝

[1]オリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)対[4]ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)

(テニスデイリー編集部)

※写真はシャルディとの準決勝に臨むジョコビッチ(準々決勝の時のもの)
(photo by John Patrick Fletcher/Action Plus via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu