マイページ

ATPニュース

フェデラーが連覇に向けてベデネを下す好発進、A.ズベレフはチョリッチに敗退[男子テニスATPワールドツアー500 ハレ]

バックハンドを放つフェデラー

6月19日、ロジャー・フェデラー(スイス)は、「男子テニスATPワールドツアー500 ハレ」(ドイツ・ハレ/6月18~24日/芝コート)の1回戦でアルヤズ・ベデネ(スロベニア)を6-3、6-4で下し、連覇に向けて好発進した。

6月17日にシュツットガルトで、自身18個目となる芝コートでのタイトルを手にし、ランキング1位に戻ったフェデラーは、世界ランク72位のベデネとの第1セット、最初のリターンでブレークを奪ったほか、第2セットも再びブレーク。5-4にするリードを奪った。自身のサービスゲームを失わなかった一方で、7回のブレークのうち2回をブレークし、フェデラーの白星となった形だ。

フェデラーは、2年連続でクレーコートのシーズンの大会を欠場し、シュツットガルトで行われた「メルセデス・カップ」でツアーに復帰したところ。同選手の芝のコートでの勝利数は、ジミー・コナーズ(アメリカ)の通算174勝にあと5勝と迫っており、勝率では、コナーズの174勝34敗に対して、169勝24敗と上回っている。

フェデラーは、ハレで自身の記録を更新する10回目のタイトルを狙っており、達成すれば今季4勝目、通算99勝目となる見通しだ。

アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)に1-6、4-6で敗れた。第2シードのズベレフは「最初はハレやウィンブルドンでまったくプレーできないのではないかと思っていた」と語った。さらにズベレフは「全仏オープン」の準々決勝中に痛めた左の太腿部に包帯を巻いて試合に臨んでいたように、怪我のために調子が上がらなかったという。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真はバックハンドを放つフェデラー
(Photo by Thomas Starke/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu