ATPニュース

【6/20ロンドン注目ドロー】ジョコ/ワウリンカのペアがダブルス初戦に臨む。シングルス第1シードのチリッチが2回戦に登場。

ダブルス初戦に臨むジョコビッチ(左)とワウリンカ(2016年「全米オープン」で対戦した時のもの)

6月20日、「男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月18~24日/芝コート)大会3日目。シングルス2回戦、ダブルス1回戦・準々決勝が行われる。

男子ダブルス1回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)/スタン・ワウリンカ(スイス)ペアが登場ラッキールーザー予選開始後に本戦で欠員が生じた場合の補充者。予選出場者に限られる)と対戦する。ワウリンカは同日にシングルス2回戦も行うため、1日に2試合の登場となる。ジョコビッチ/ワウリンカの試合はコート1の第2試合で、ワウリンカがシングルス後の休憩時間をとってから開始予定。

男子シングルス2回戦、第1シード世界ランキング6位のマリン・チリッチ(クロアチア)が世界46位ジル・ミュラー(ルクセンブルク)と対戦する。チリッチは1回戦で世界33位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に6-3、6-4のストレート勝利。2回戦の相手ミュラーには、過去3勝0敗と負けなしだ。1回戦で冴えわたったパワフルなファーストサービスや低い弾道のストロークが、2回戦でも火を吹くか注目だ。

元世界3位のワウリンカはシングルス2回戦で、第5シードのサム・クエリー(アメリカ)と対戦する。ワウリンカは今大会1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の世界80位キャメロン・ノリー(イギリス)に6-2、6-3で勝利、同大会では3年振りに1回戦を突破してきた。クエリーには過去5勝1敗だが、ワウリンカが膝の故障から復帰後としては今回が初の対戦となる。復調の兆しが見えるワウリンカが、シード選手を破って勝ち進められるか。

◇   ◇   ◇

【6月20日の注目ドロー

◆男子シングルス

2回戦

[1]マリン・チリッチ(クロアチア)対ジル・ミュラー(ルクセンブルク)

スタン・ワウリンカ(スイス)対[5]サム・クエリー(アメリカ)

フランシス・ティアフォー(アメリカ)対レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)

ダニール・メドベージェフ(ロシア)対ジェレミー・シャルディ(フランス)

◆男子ダブルス

1回戦

[LL]対戦相手未定 対ノバク・ジョコビッチ(セルビア)/スタン・ワウリンカ(スイス)

[WC]レイトン・ヒューイット(オーストラリア)/ニック・キリオス(オーストラリア)対[3]ピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)

準々決勝

[1]オリバー・マラック(オーストリア)/マテ・パビッチ(クロアチア)対ロハン・ボパンナ(インド)/エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)

(テニスデイリー編集部)

※写真はダブルス初戦に臨むジョコビッチ(左)とワウリンカ(2016年「全米オープン」で対戦した時のもの)
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu