ATPニュース

【6/19ロンドン注目ドロー】BIG4のマレー 復帰戦で世界21位キリオスと対戦。ジョコビッチ、世界5位ディミトロフらも登場。

「男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン」で復帰が決まったマレー(2017年「ウィンブルドン」の時のもの)

6月19日、「男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月18~24日/芝コート)大会2日目。シングルス1回戦、ダブルス1回戦が行われる。

元世界ランキング1位のアンディ・マレー(イギリス)が、世界21位のニック・キリオス(オーストラリア)との1回戦に臨む。マレーは約1年ぶりに実戦復帰、「男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン」は過去5度優勝している大会だ。マレーは大会前の公式会見に姿を見せ「ずっとプレーが恋しく、対戦が恋しかった」とリハビリ中のことなどを語っていた。一方、対戦相手であるキリオスは「テニス界の悪童」とも言われる選手で、大物との対戦にも強いことで知られる。ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)という「テニス界のBIG4」の内3人に初対戦時勝利しているが、BIG4の中で唯一マレーには0勝5敗と未勝利。直前の「メルセデス・カップ」ではフェデラー相手に、フルセットにもつれ込む接戦を演じていた。マレーとしては難敵キリオスを破り、復帰戦を勝利で飾れるか注目だ。マレーとキリオスの対戦はセンターコートの第3試合で日本時間24時から開始予定。

世界22位のジョコビッチが世界63位のジョン・ミルマン(オーストラリア)と対戦する。ジョコビッチとミルマンは今回が初めての対戦。ジョコビッチは今大会について「またフィーバーツリー選手権でプレーできることをとても楽しみにしている。10年前にクイーンズクラブで決勝まで戦った良い思い出があり、ダブルスでタイトルも獲った。いつも雰囲気が素晴らしい」と話している。またジョコビッチにとっては芝コートはとても特別で、最も珍しいサーフェスだといい、「ウィンブルドン」に向けて大事な準備にもなるという。思い入れのある同大会で順調に勝ち進むか期待される。

その他、シングルスでは第2シードグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)がダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)と、第3シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)がレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)とそれぞれ対戦する。

◇   ◇   ◇

【6月19日の注目ドロー

◆男子シングルス

1回戦

ニック・キリオス(オーストラリア)対アンディ・マレー(イギリス)

[Q]ジョン・ミルマン(オーストラリア)対[WC]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)対[2]グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)対[3]ケビン・アンダーソン(南アフリカ)

[4]ダビド・ゴファン(ベルギー)対フェリシアーノ・ロペス(スペイン)

◆男子ダブルス

1回戦

ダニエル・ネスター(カナダ)/デニス・シャポバロフ(カナダ)対[2]ヘンリー・コンティネン(フィンランド)/ジョン・ピアース(オーストラリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン」で復帰が決まったマレー(2017年「ウィンブルドン」の時のもの)
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu