マイページ

ATPニュース

【6/18ハレ試合結果】錦織、杉田ともに初戦突破。世界7位のティームもストレートで2回戦へ

「男子テニスATPワールドツアー500 ハレ」2回戦進出を決めた錦織

6月18日、「男子テニスATPワールドツアー500 ハレ」(ドイツ・ハレ/6月18~24日/芝コート)大会1日目。シングルス1回戦、ダブルス1回戦が行われた。

第7シード錦織圭(日本/日清食品)がマティアス・バッキンガー(ドイツ)に6-3、7-6(3) のストレートで勝利し、芝シーズン初戦を幸先よく突破した。第1セット、錦織は第4ゲームではブレークに成功。相手にはブレークポイントを一度も握らせずに第1セットを先取した。第2セットに入り錦織は、第3ゲームでブレークするも直後の第4ゲームでブレークバックを喫し、リードを保つことができない。お互いにもう一つずつブレークをし、第2セットはタイブレークへと突入した。タイブレークでは錦織が4ポイントを連取するなど、終始圧倒する。その後も優位にタイブレークを進めていった錦織が第2セットを連取し、勝利を決めた。錦織は2回戦で、ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)対カレン・ハチャノフ(ロシア)の勝者と対戦する予定だ。

杉田祐一(日本/三菱電機)がマクシミリアン・マルテレル(ドイツ)に6-4、5-7、6-3のフルセットで勝利し、2回戦進出。杉田は「リベマ・オープン」に続き、2大会連続で初戦突破となった。

第1セットの序盤は両者ともにキープの落ち着いた立ち上がりとなった。第7ゲームで杉田が先にブレークに成功し、そのまま第1セットを先取。第2セットではゲームカウントが杉田の5-6で第11ゲームを終えたところで小雨が降り出したため、いったん試合を中断。約20分のインターバルを挟んだ後、第12ゲームが再開された。第12ゲームでは最後、マルテレルのショットを返しきれずに第2セットを落としてしまった。勝負の第3セット、杉田は第3ゲームでデュースの末ブレークに成功。第6ゲームに一度相手にブレークバックされるも、その後杉田がさらに2回のブレークを上積みして勝利を決めた。杉田は2回戦で、今大会第3シードで世界7位のドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦する。

第3シードのティームはミカエル・ユーズニー(ロシア)に7-6(5) 、6-2で勝利。第4シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)はヤン レナード・ストルフ(ドイツ)に6-4、6-1で勝利し、それぞれ2回戦進出を決めた。

◇   ◇   ◇

【6月18日 主な試合結果】

◆男子シングルス

1回戦

〇[7]錦織圭(日本/日清食品)6-3、7-6(3) ●[Q]マティアス・バッキンガー(ドイツ)

杉田祐一(日本/三菱電機)6-4、5-7、6-3 ●[WC]マクシミリアン・マルテレル(ドイツ)

〇[3]ドミニク・ティーム(オーストリア)7-6(5) 、6-2 ●[Q]ミカエル・ユーズニー(ロシア)

〇[4]ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)6-4、6-1 ●ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)

◆男子ダブルス

1回戦

アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)/ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)6(7)-7、7-6(2)、10-8 ●[3]アイサム‐ウル‐ハク・クレシ(パキスタン)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「男子テニスATPワールドツアー500 ハレ」2回戦進出を決めた錦織
(Photo by Thomas Starke/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu