ATPニュース

デル ポトロとハレプの強豪がマドリードで揃って白星

3回戦へ進出したデル ポトロ

火曜日の「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 マドリード」(スペイン・マドリード/5月6日~13日/クレーコート)2回戦でフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は今季自身初のクレーコートでの試合でダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)に6-3、 6-3で勝利した。

2018年のATPツアーで最多勝利を収めている、世界ランク6位のデル ポトロはこれで今季22勝目を収めた。今年はアカプルコとインディアンウェルズで連続タイトル獲得を果たしたデル ポトロは「いいプレーが出来ていた」とコメント。

デル・ポトロの次の対戦相手はリシャール・ガスケ(フランス)を 7-6(1)、7-6(1)で破ったドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)となる。

女子の「ムトゥア マドリード・オープン」では世界ランク1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)がエリース・メルテンス(ベルギー)を6-0、 6-3で破り、3回戦に進出している。

ハレプは5度目のマッチポイントをものにして、マドリードで14戦連続勝利。スペインの首都で開催されているこの大会の3連覇へと向かっている。

「彼女は大きな自信をもって向かってきた」とした上でハレプは「とても強く、アグレッシブにプレーを始めなければならず、その通りにプレーできた。数試合を終えて、本当に調子が良い」とコメントした。

ハレプの次戦はサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を7-5、6-2で破ったクリスティーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する予定だ。

2017年のマドリードでの同大会でプリスコバを破ったハレプは「彼女のサーブは強力だ」と語る。「昨年自分がどのようにプレーしたか、少し確認をしてもう一度やるだけ。試合には勝てるとは思うけど、自分はいつでもタフな試合になることに備えている」

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は3回戦へ進出したデル ポトロ
(Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu