マイページ

ATPニュース

【5月7日マドリードまとめ】錦織はジョコビッチにストレートで落とし初戦敗退。女子はウォズニアッキ、シャラポワらが順調に3回戦へ

初戦敗退となった錦織圭(「モンテカルロ」のときのもの)

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 マドリード」(スペイン・マドリード/5月6日~5月13日/クレーコート)男子シングルス、ダブルス1回戦が行われた。

錦織圭(日本/日清食品)は、第10シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。第1セットは第5ゲームで先にブレークをしたのは錦織だった。しかし、すぐにジョコビッチにブレークバックを許し、このまま拮抗した展開に。第12ゲームでジョコビッチがブレークチャンスを手にし、第1セットを先取した。第2セットも錦織がジョコビッチを押す展開も見られたが、第10ゲームでショットが外れた錦織が第2セットも落とし、錦織が初戦敗退となった。

第13シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)は順当に立ち上がり、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)も無難な試合をして2回戦進出を決めた。カレン・ハチャノフ(ロシア)は、予選勝者のドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)にストレートで落とし、1回戦敗退となっている。

ダブルス1回戦、パブロ・クエバス(ウルグアイ)/マルセル・グラノイェルス(スペイン)対フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)/ドミニク・ティーム(オーストリア)の試合は、第2セットはデル ポトロ/ティームが有利な展開になる場面もあったが、タイブレークの末にクエバス/グラノイェルスが取り、ストレート勝利を収めた。

女子の大会の「ムトゥア マドリード・オープン」(スペイン・マドリード/5月5日~5月12日/クレーコート)のシングルス2回戦が行われた。

マリア・シャラポワ(ロシア)はストレートでイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)を下し、第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)はフルセットで勝利し、それぞれ3回戦進出を決めた。カロリーナ・プリスコバ(チェコ)はビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)との接戦を制し、3回戦へ進出。スローン・スティーブンス(アメリカ)も快勝して次戦へ進んだ。

◇   ◇   ◇

【5月7日 主な試合結果】

◆男子シングルス1回戦

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)7-5、6-4 ●錦織圭(日本/日清食品)

ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)6-1、6-3 ●アドリアン・マナリノ(フランス)

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)6-3、6-2 ●ニコラス・キッカー(アルゼンチン)

ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)6-3、6-2 ●カレン・ハチャノフ(ロシア)

◆男子ダブルス1回戦

パブロ・クエバス(ウルグアイ)/マルセル・グラノイェルス(スペイン)6-3、7-6(8) ●フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)/ドミニク・ティーム(オーストリア)

◆女子シングルス2回戦

マリア・シャラポワ(ロシア)7-5、6-1 ●イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)

カロリーナ・プリスコバ(チェコ)6-2、1-6、7-5 ●ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)

カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)6-2、4-6、6-4 ●アシュリー・バーティ(オーストラリア)

スローン・スティーブンス(アメリカ)6-1 6-3 ●サマンサ・ストーサー(オーストラリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は初戦敗退となった錦織圭(「モンテカルロ」のときのもの)
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu