ATPニュース

【速報】ダニエル太郎、格上との接戦を制してキャリア初の決勝進出[TEB BNP パリバ イスタンブール・オープン]

昨年の「楽天ジャパンオープン」のときのダニエル太郎

「TEB BNP パリバ イスタンブール・オープン」(トルコ・イスタンブール/4月30日~5月6日/クレーコート)の6日目、準決勝でダニエル太郎(日本/エイブル)とジェレミー・シャルディ(フランス)が対戦。6-3、4-6、6-4でダニエルが勝利し、キャリア初となるATPワールドツアーの決勝へと駒を進めた。試合時間は2時間33分。

第3セットになっても両者の拮抗した戦いは続き、第4ゲームまでお互いに譲らずキープが続いた。そして第5ゲームで15-40とシャルディにブレークポイントを握られたダニエルは、デュースまで粘ったものの、最後は甘く返った球をシャルディに叩きつけられてしまい、ブレークされてしまった。

なんとしても取り返したいダニエルは第6ゲームでブレークバックし、第2セットと同様にすぐに追いつくことに成功した。
しかし、直後に0-40と3つのブレークポイントを握られると、そのままシャルディにラブゲームでブレークされてしまい、再び1ブレークダウンとなってしまった。

そして第8ゲーム、ダニエルは2つのブレークポイントを握ると、再びブレークバックに成功。序盤の4ゲームはお互いにキープし合い、中盤の4ゲームはお互いにブレークし合うという激しい戦いになってきた。

第9ゲーム、ダニエルはデュースに追い込まれる。ここは非常に長い戦いとなったが、最後はダニエルの粘り勝ちでキープ。終盤の流れをここで変えることに成功し、ゲームカウント5-4とした。

そして迎えた第10ゲーム。勢いに乗るダニエルは15-40と2つのマッチポイントを得ると、最後はシャルディのショットがネットに掛かってダニエルの勝利が決まった。

勝利したダニエルはこの後に行われる準決勝第2試合のマレク・ジャジリ(チュニジア)とラスロ・ジェレ(セルビア)の勝者と対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は昨年の「楽天ジャパンオープン」のときのダニエル太郎

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu