マイページ

ATPニュース

【速報】ダニエル太郎がキャリア初のツアーベスト4進出。6ゲーム連取の逆転勝利[TEB BNP パリバ イスタンブール・オープン]

2016年の「全仏オープン」でのダニエル太郎

「TEB BNP パリバ イスタンブール・オープン」(トルコ・イスタンブール/4月30日~5月6日/クレーコート)の5日目、準々決勝でダニエル太郎(日本/エイブル)とロジェリオ・ドゥトラ シルバ(ブラジル)が対戦。第3セットをダニエルが6-4で取り、1-6、6-1、6-4でダニエルが逆転で勝利した。試合時間は2時間5分。

第1ゲーム、気持ちを切り替えてきたドゥトラ シルバにラブゲームキープされたダニエルは、ドゥトラ シルバの気迫のプレーに押されてしまったようで、第2ゲームをラブゲームでブレークされるという事態に。しかし、第3ゲームでダニエルは長いラリーを制して15-40とし、ブレークバックのチャンスを得る。が、そこから連続でポイントを奪われてこのチャンスを活かすことできず、タオルを何度もコートに打ちつけるようにして悔しがっていた。

さらに第4ゲームでもダニエルはブレークされ0-4と窮地に立たされる。しかし第5ゲームでブレークバックに成功し、ゲームカウント1-4とした。

第6ゲームをキープしたダニエルは、続く第7ゲームでドゥトラ シルバのミスに乗じてブレークポイントを得ると、ここをしっかりと決めてさらにブレークバックに成功。ゲームカウント3-4とすると、第8ゲームをしっかりとキープしてゲームカウントを4-4のイーブンとした。

振りだしに戻った第9ゲーム、ダニエルはデュースまで追い込んでアドバンテージを奪うと、ここでもブレークに成功し、ついに試合をひっくり返した。

ダニエルのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲーム。40-0とリードしたダニエルは、1ポイントを返されたが最後はドゥトラ シルバのショットがギリギリでアウトとなり、追い込まれてからの6ゲーム連取でダニエルの勝利が決まった。

ダニエルはこの勝利で、ATPワールドツアーで自身初となるベスト4入りを果たした。

勝利したダニエルは、この後に行われるジェレミー・シャルディ(フランス)とトーマス・ファビアーノ(イタリア)の勝者と準決勝で対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2016年の「全仏オープン」でのダニエル太郎
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu