マイページ

ATPニュース

チリッチがまさかの初戦敗退。2回戦を終えてシード選手はわずか2人に[TEB BNP パリバ イスタンブール・オープン]

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」のときのチリッチ

「TEB BNP パリバ イスタンブール・オープン」(トルコ・イスタンブール/4月30日~5月6日/クレーコート)の4日目、2回戦で第1シードマリン・チリッチ(クロアチア)がマレク・ジャジリ(チュニジア)と対戦。チリッチは4-6、2-6で敗れ、早くも大会を去った。試合時間は1時間19分。

チリッチは第1シードのため1回戦は免除。チリッチは世界ランキング4位で、対戦相手のジャジリの78位を大きく上回っていたが、ストレートで敗れた。

第1セットでチリッチは2度ブレークするものの、ジャジリに3度のブレークを許し落とす。第2セットは1度しかチャンスを作れず、それもものにできなかった。チリッチはファーストサーブの入る確率が53%で、セカンドサーブでのポイント確率が32%と低く、キープに苦しんだ。

今大会は2回戦を終え、ベスト8が決まった時点で8人のシードのうち、6人が敗退。残っているのは第5シードのパオロ・ロレンツィ(イタリア)と第7シードのイリ・ベセリ(チェコ)のみとなっている。

ベスト8にはダニエル太郎(日本/エイブル)が勝ち残っており、準々決勝でロジェリオ・ドゥトラ シルバ(ブラジル)と対戦する予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」のときのチリッチ
(Photo by Jeff Gross/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu