ATPニュース

杉田祐一、ストレートで勝利し2回戦進出[男子テニスATPワールドツアー500 ドバイ]

2回戦進出を果たした杉田祐一(昨年の「デビスカップ」のときのもの)

「男子テニスATPワールドツアー500 ドバイ」(アラブ首長国連邦・ドバイ/2月26日~3月3日/ハード)の1回戦で、第8シード杉田祐一(日本/三菱電機)とイーリャ・イバシュカ(ベラルーシ)が対戦。7-5、6-1のストレートで勝利し、2回戦進出を決めた。試合時間は1時間14分。

ATPツアーでは初の対戦となるが、昨年の「泉州チャレンジャー」1回戦では、7-5、1-6、4-6でイバシュカに逆転負けを喫している。今回の快勝でリベンジを果たした形になった。

第1セット、両者ともに落ち着いた立ち上がりを見せ、ブレークポイントも杉田が第3ゲームで1度握っただけで、それ以外は終盤まで互いに譲らぬ展開が続いた。
第11ゲームで杉田がブレークポイントのチャンスをつかむと、イバシュカは焦りからかダブルフォルトをしてしまい、続く第12ゲームをキープした杉田が第1セットを先取した。

続く第2セットは、第1セットを先取した杉田の勢いが爆発する展開になった。
第1ゲームでブレークすることに成功した杉田。一方のイバシュカも第2ゲームでデュースまで持ち込むが、杉田がそれを阻む。さらに第3ゲームも続けてブレークに成功して一気にリードを広げた杉田は、第5ゲームでイバシュカにキープされるも、最後の第7ゲームもブレークに成功し、6-1と圧倒した。

エースの本数で見ると杉田が2本、イバシュカが5本。193cmの長身から放たれるサーブが鋭く決まる場面もあったものの、ファーストサーブ成功率が51%と低く、またダブルフォルト4本ということにも助けられた形となった。また、杉田は10個のブレークポイントに対して4度成功させることができたが、イバシュカにはブレークポイントを1つも与えることが無かった。

勝利した杉田はアンドレアス・ヘイダー マウアー(オーストリア)を6-2、6-4で破ったヤン レナード・ストルフ(ドイツ)と対戦する。
ストルフはマクラクラン勉(日本)とダブルスのペアを組み、1月に行われた「全豪オープン」でベスト4に進出していた。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2回戦進出を果たした杉田祐一(昨年の「デビスカップ」のときのもの)
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

ATPニュースの関連記事

PAGE TOP
menu