ATPニュース

フェデラー「驚くべき旅路だった」。36歳にしてNo.1返り咲きが決定[ABN AMRO ワールド・テニス]

36歳にして世界ランキング1位に返り咲くことが決まったフェデラー

ロジャー・フェデラー(スイス)は、年齢をものともしないその復活劇に、栄光をもう一つ付け加えた。最後に世界ランキング1位の座にいた時から5年以上が経過し、36歳という史上最年長で1位へ返り咲くことが決まった。

「僕にとって驚くべき旅路だった。世界ランク1位に返り咲けるとは」と、直近5回のグランドスラムのうち3大会で優勝してトップへの道をひた走ってきたフェデラーは語った。

フェデラーは「ABN AMRO ワールド・テニス」(オランダ・ロッテルダム/2月12~18日/ハード)準々決勝でロビン・ハッサ(オランダ)に4-6、6-1、6-1の逆転勝利を収めた。これにより2月19日に更新される世界ランキングで、31歳のラファエル・ナダル(スペイン)を抜き1位に返り咲く。テニスの世界ランキングで男女問わず最年長のトップ選手となり、33歳で1位の座に就いていたアンドレ・アガシの記録を抜いた。

「37になろうかという歳でNo.1になれるのは、本当に夢のようだ」「信じられない」とフェデラーは言う。最後に1位だった時から5年以上が経過しており、初めて1位になってから14年が経過していることも記録だ。

「今回は、僕は少し年を取っているから、以前よりやや特別かもしれない。すごい努力が必要だから。たくさんのことがうまく嚙み合う必要があって、それが嚙み合った。とても満足している」とフェデラーは語った。

1973年にランキング制度が始まって以来、フェデラーは1位在位302週という自身が持つ記録を、月曜日に延ばすことになる。1位在位記録の第2位は、大きく下がって286週のピート・サンプラス(アメリカ)だ。現役選手で最も近いのは、223週のノバク・ジョコビッチ(セルビア)となっている。

「世界ランキング1位になることは、テニスにおいて最大の業績ではなかったとしても、極めて大きな業績だ」とフェデラーは言う。

「最初は単にすごいプレーができるから1位になれることがある。その後は、返り咲くためにもがいて、1位に就く資格のある他の選手から奪還することもある。年を取ってくると、倍も努力しなきゃならないように感じる。だから今回の1位は、僕のキャリアの中で最も大きな意味を持つものかもしれない」。

フェデラーは1月の「全豪オープン」を制してグランドスラム20個目となるタイトルを獲得し、世界ランキング1位に迫っていた。ロッテルダムでは当初はプレーしない予定だったが、1位に返り咲くチャンスがあることがはっきりした時、ワイルドカードでの出場を決めた。一方のナダルは「全豪オープン」準々決勝を怪我で途中棄権して以来、プレーしていない。

またここまでロッテルダムで大活躍のフェデラーは、韓国で開催中の冬季オリンピックのハイライトを1日4時間観戦しているという。

「僕はスイス代表団の1番のチアリーダーのようなもの」とフェデラーは語った。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は36歳にして世界ランキング1位に返り咲くことが決まったフェデラー
(Photo by Jan Kok/Soccrates/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu