マイページ

スペシャルコンテンツ 大会テーマソング制作の裏側

フォークデュオ 19(ジューク)として活動し、現在はロックバンド3B LAB.☆Sや、ソロとしても活躍している岡平健治さんに、大会オリジナルテーマソングを制作していただけることとなりました!

ここではテーマソング制作の裏側を紹介していきます!
さらに岡平さんのインタビューや、出場される皆さんへの応援メッセージも!
順次ニュースをアップしていきますので、更新をお楽しみに!


① テーマソング制作決定!
② テーマソング制作の裏側【前編】
③ 岡平健治さんインタビュー動画
④ テーマソング制作の裏側【後編】
⑤ 岡平健治さん応援メッセージ
⑥ ミュージックビデオ撮影に密着!
⑦ ミュージックビデオ撮影に密着!第2弾
⑧ 岡平健治さんが、開会式でテーマソングを披露のご報告!


【プロフィール】
岡平健治(おかひらけんじ)
1979年3月28日
B型
広島県呉市出身(出生地:長崎県)

1998年11月21日、「あの青をこえて」で、ビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。

1999年、「あの紙ヒコーキくもり空わって」が大ヒット。同曲を収録したアルバム「音楽」が売上枚数120万枚を記録し、同年NHK紅白歌合戦へ初出場。

2000年、「水・陸・そら、無限大」がシドニーオリンピック日本代表選手団公式応援ソングになり二度目の紅白出場を果たす。

2002年3月、「19」3年4ヶ月の活動を経て解散。
活動中は9枚のシングル、3枚のアルバムをリリース。解散後も6枚のベストアルバムやライブDVDがリリースされ解散後の今もなお多くの若者の支持を得ている。

2002年11月21日、ミニアルバム「3B LAB.☆」で、ビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。
同年12月、さいたまスーパーアリーナで開催されたジョンレノンスーパーライブ2002に出演。
以降、スリービーラボとして9枚のシングル、6枚のアルバム、2枚のライブDVD、2枚のPVクリップ集をリリース。

2007年9月2日、メジャーでの活動が10周年目に突入する2007年11月21日よ、ソロプロジェクトとして自身が車を運転し、自走で日本全国47都道府県に直接、弾語りで音楽を届ける自走ツアーを開始する。
2017年、現在まで10年連続の全国ツアーを展開。
トータル自走総距離は前人未到の10万キロを超える。

2008年1月30日、ソロプロジェクトデビューシングル『告白』をリリース。続く3月26日には、アコースティックギターの持つ未知なる可能性を突き詰めた、待望の1stソロアルバム『パンクフォーク』をリリース。

2008年6月25日、北京オリンピック日本代表選手団公式応援ソング「笑ってみせてくれ」に、ボーカリストとして参加。
(※)参加ボーカリスト:中孝介、岡平健治、小田和正、佐藤竹善、トータス松本、平原綾香、藤井フミヤ、BONNIE PINK、松たか子、宮沢和史(敬称略/50音順)

2008年9月24日、自走TOURの模様を収録した、LIVE DVD『健治箱★KENJI BOX~前人未到の全国47都道府県弾語り自走TOUR2007→2008 Live & Document』をリリース。

2008年11月21日、東京 渋谷 C.C.Lemonホールで、11月29日にはZepp Osakaで"KENJIフェス"を開催。総合プロデューサーとして現在まで5回のフェスを開催。

2009年5月13日、健治が音楽人生で影響を受けた楽曲に敬意を表し制作した、自身初のカヴァーアルバム『I ♥ GM』(アイ・ラヴ・グレイテスト・ミュージック)をリリース。

2009年9月23日、新曲だけではなく、過去に創作しつつも作品としてリリースされなかったプレミア楽曲も多数収録した渾身の作品、2ndソロアルバム『純粋』をリリース。

2009年11月25日、2009年8月25日に行われたZEPP名古屋公演を完全収録したLIVE DVD「岡平健治ソロ全国27都道府県弾語り自走TOUR2009~パンクフォーク真骨頂!!!世界一熱い弾語りLIVE at ZEPP名古屋だがや!!!~」をリリース。

2010年2月1日、RockFord Records株式会社設立。
若手ミュージシャンをはじめ芸術家の育成の為に法人を設立。
2010年3月24日(水)ビクターレーベル集大成アルバム『岡平健治 宇留斗羅アルバム1991-2010 「喜」「怒」「哀」「楽」』をリリース。
収録楽曲はファン家族の投票により決定した、まさにファンと共に創り上げた作品。
また、初回限定版には『19』以来となる、イラストレーター326が作詞で参加した新曲『ありがとうね』を収録。

2011年5月25日、自らの運転で、たった一人で全国に歌を届ける自走ツアーを通して岡平健治が、たくさんの人と出会い、各土地の町並や自然、暮らす人々の温かさを感じ、日本各地をテーマとして岡平健治流に唄で表現したアルバム『ニッポンの唄~あいのうた~』をリリース。

2012年3月7日、日本各地をテーマとして岡平健治流に唄で表現したアルバム第二弾『ニッポンの唄~喜びのうた~』をリリース。
9月30日、広島県/呉市制110周年記念事業の「呉市民会館ファイナルコンサート」に呉出身アーティスト代表として出演。

2013年2月1日、RockFord Records株式会社代表取締役会長就任。
ロックフォードグループとしてライブハウス「Music Bar MELODIA Tokyo」を開業、並びにレコーディングスタジオ事業の開始。
また音楽制作、映像制作をはじめ著作物の著作権及び著作隣接権の取得・譲渡・管理業務を開始。
飲食店舗事業として2014年12月12日「Music Bar星屑と三日月」を開業。同店舗で2015年2月27日、ランチ事業として「太陽と白い月」をオープン。

2014年4月2日、2012年3月にリリースしたアルバム『ニッポンの唄〜喜びのうた〜』以来2年ぶりの新曲となるシングル『勇者のウタ』をリリース。
以来、2017年現在まで、19(ジューク)、3B LAB.☆S(スリービーラボ)、ソロと数々の名曲を世に送り、生涯トータルセールスは1000万枚を超える。

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu