マイページ

テニス基礎知識

用語解説

試合のルール

マッチ 通常の国際試合で採用されているのが【3セットマッチ】で、3セットのうち、2セットを先に取ったほうが勝者となる。【5セットマッチ】は【グランドスラム大会】の男子シングルスと【デビスカップ】の単複で採用されており、これは5セットのうち、3セットを先に取ったほうが勝者となる。また、草トーナメントなどで一般的に採用されているのが【1セットマッチ】や【8ゲームプロセット】。
スコアの数え方 テニスの試合は【ポイント】→【ゲーム】→【セット】→【マッチ】の順に進行していく。
ポイントとゲーム 【ポイント】の数え方は、「0(ラブ)「1ポイント(15/フィフティーン)」「2ポイント(30/サーティー)」「3ポイント(40/フォーティー)」「4ポイント(ゲーム)」。1ゲームは先に4ポイントを先取したほうが獲得する。ただし、お互いが3ポイントずつ取った場合は、「3-3(40-40/【デュース】)」となり、デュースの次のポイントを取ったほうが【アドバンテージ】となる。アドバンテージに続いて、次のポイントも取るとその【ゲーム】の勝者となる。デュースは、どちらかが2ポイントの差をつけるまで続く。
デュース お互いに3ポイントずつ取り合って40-40になった状態。もしくは【アドバンテージ】になったあとに再度スコアがイーブンになった状態。
アドバンテージ デュースになったゲームで先にポイントを取ったプレーヤー(チーム)のことを【アドバンテージ】と表現する。A-40、40-Aと表記するが、このときの「A」がアドバンテージの略。「アドバンテージ-名前」とコールする。
アドバンテージセットとタイブレークセット 相手に対して2ゲーム以上の差をつけて先に6ゲームを取るか、2ゲーム差がなければ、2ゲームの差がつくまでそのセットを続けるのが【アドバンテージセット】で、この場合、例えば14-12というスコアが実現する。一方、6-6になったら【タイブレーク】を行うのが【タイブレークセット】。この場合のスコアは7-6(6-7)ということになる。
タイブレーク ゲーム数が6-6になった場合、先に7ポイントを取ったほうがセットを獲得できる方式。ただし、ポイントが6-6となった場合は、2ポイント差がつくまで行う。タイブレークでは「0ポイント(ゼロ)」「1ポイント(ワン)」「2ポイント(ツー)」...というように点数を数える。
エンドとサービスの選択 試合を行う前に【トス】を行い、どちらのエンドを選ぶか、またはサーバーとレシーバーのどちらを選ぶか決める。プロの公式試合ではコイントスを行うが、アマチュアの試合ではラケットトスを行うのが一般的。トスに勝ったほうは下記の3つの中から選択することができる。
①第1ゲームでサーバーになるかレシーバーになるか選ぶ。
②第1ゲームのエンドを選ぶ。
③トスの敗者に上記の権利を譲る。
サーバーとレシーバー ポイントを始めるときに最初にボールを打つプレーヤーをサーバー、そのサービスを返球するプレーヤーをレシーバーと呼ぶ。
サービスの順番 各ゲームが終了したら、そのゲームのサーバーが次のゲームのレシーバー、レシーバーがサーバーになる。
ダブルスでのレシーブの順番 ダブルスを行う場合、レシーブするチームはセットの第1ゲームで、第1ポイントをどちらのプレーヤーがレシーブするかを決める。同じように相手チームは第2ゲームで、第1ポイントが始まる前にどちらのプレーヤーがレシーブするか決める。第1ポイントでレシーブするサイドを【デュースサイド】、第2ポイントでレシーブするサイドを【アドバンテージサイド】と呼び、そのセットが終わるまでサイドを交代することはできない。レシーバーがサービスを返球したあとは、チームのどちらのプレーヤーがボールを打ってもよい。
デュースサイドとアドバンテージサイド コートの右サイドで、奇数ポイントでサービスを受ける側をデュースサイド。コートの左サイドで、偶数ポイントでサービスを受ける側をアドバテージサイドと呼ぶ。
エンドの交代 プレーヤー(チーム)は、各セットで奇数ゲーム(第1ゲーム、第3ゲーム、第5ゲーム...)が終了したらエンドを交代する(【エンドチェンジ】)。セットが終了したときは、合計ゲーム数が奇数ならばエンドを交代し、偶数ならば次のセットの第1ゲームが終了したときにエンドを交代する。またタイブレークのときは、6ポイントごとにエンドを交代する。
サービスの仕方 サーバーは、第1ポイントはデュースサイドからサービスを行い、第2ポイントはアドバンテージサイドからサービスを行い、ゲームが終了するまでこの順番は守らなければ・「けない。またサーバーは1ポイントにつき、2球サービスを打つことができ、最初のサービスを【ファーストサービス】、2球目のサービスを【セカンドサービス】と呼ぶ。2球続けて【サービスフォールト】すると相手のポイントとなる。
サービスフォールト 打ったボールが正しいサービスエリアに入らなかったとき、ネットに当たって自コートに落ちたとき、空振り等して打とうとしたが打てなかったとき、サーバーのパートナー(ダブルス)に直接当たるか、または着衣、ラケットに振れたとき、また【フットフォールト】したとき等のサービスは【サービスフォールト】となる。
フットフォールト サービスを打つとき、サービスのモーション(開始から終了まで)の間、下記のどれかに違反すればフットフォールトになる。
①歩いたり走ったりして、立っているポジションを変える(足を少し動かすくらいは構わない)。
②ベースラインまたはその内側のコートを踏む。
③サイドラインの仮想延長ラインを超える。
④センターマークの仮想延長ラインを踏み越える。
インプレー 打ったサービスがフォールトまたはレットでなかった場合、サービスを打った瞬間からポイントが決まるまでの間をインプレーと呼ぶ。また、プレーとプレーの間の時間は【アウト・オブ・プレー】と呼ぶ。
サービスレット 次の場合、サービスは【サービスレット】になり、そのサービスをやり直すことができる(その1つ前の【サービスフォールト】を取り消すことはない)。
①サービスがネット、ストラップ、またはバンドに触れたがレシーバー側のサービスコートに正しく入った場合。または、それらに触れたあとにレシーバーまたはレシーバーのパートナー、その着衣、持ち物に触れた場合。
②レシーバーが返・・フ用意をしていないときにサービスを打った場合。
レット セカンドサービスで【サービスレット】がコールされた場合を除き、何らかの理由で【レット】がコールされたら、そのポイントはやり直しとなる。・痰ヲば、ラリー・・ノ隣のコートからボールが転がってきた場合には「レット」とコールしてポイントをやり直すことができる。
アンフォーストエラー 直訳すると「(相手に)強制されないエラー」。何でもない凡ミスもアンフォーストエラーに含まれる。
タッチ ボールが体に触れたとき、持ち物を相手コートに落としたとき、ラケットや体がネットに触れたとき、ボールがラケットにかすったときなどを【タッチ】と言う。
ノット・アップ 2バウンド以上で返球したとき。
ファウルショット 故意に2度打ちしたとき、ボールがネットを越えてくる前に打ったとき。
キープ サービスゲームを獲得すること。「大事なサービスをキープした」というように使う。
ブレーク 相手のサービスゲームを破ること。「これは大きなブレークだ」というように使う。
ブレークバック 相手に先にサービスゲームをブレークされたあとに、相手のサービスゲームを破って取り返すことを【ブレークバック】と呼ぶ。「ブレークバックしてイーブンに追いついた」というように使う。
1(ワン)アップ&1(ワン)ダウン 相手のサービスを先に破って1ゲームリードした状態が「1(ワン)アップ」。逆に相手に先にサービスを破られて1ゲームリードされた状態が「1(ワン)ダウン」。
サービング・フォー・ザ・セット(マッチ) 次のサービスゲームをキープすればセットを取れるときの状態。このサービスをキープすれば試合に勝てるというときは「サービング・フォー・ザ・マッチ」と表現する。
ドロー トーナメントの組み合わせ表を【ドロー】と呼ぶ。国際大会では大会前に選手立ち会いの元で抽選が行われる。
ドローサイズ トーナメント・フ大きさを表す表現。国際大会で【ドローサイズ】がもっとも大きいのはグランドスラム大会のシングルスで128ドロー。国内大会ではインターハイやインカレも128ドローで行われている。フューチャーズ、チャレンジャー等は「ドローサイズ32の大会」と表現される。
トップハーフ・ボトムハーフ ドローの上半分が【トップハーフ】で、下半分が【ボトムハーフ】。グランドスラム大会シングルスの場合は、トップハーフ一番上の「ドローナンバー1」に第1シードが入り、ボトムハーフの一番下の「ドローナンバー128」に第2シードが入る。
ダイレクト・アクセプタンス 本戦(または予選)ドローに入るプレーヤー。Direct Acceptance=DAと表記される。「ストレートイン」という言い方もある。
ワイルドカード エントリーの有無にかかわらず、主催者の推薦によってドローに入るプレーヤー。ワイルドカードで出場する選手はドローの名前の脇にWild Card=WCと表記される。
予選通過者 予選を勝ち抜いて本戦ドローに入ったプレーヤー。予選をクオリファイと呼ぶ。ドローの名前の脇にQualifier=Qと表記される。
補欠、オルタネイト 予選の開始前に欠員が生じた場合、エントリーリストの有資格者から補欠(オルタネイト)を補充する。Alternate=Aと表記される。
ラッキールーザー 予選のある大会で、予選開始後に本戦に欠員が生じた場合の補充として、【ラッキールーザー】を当てる。ラッキールーザーは予選出場者に限られ、予選最終ラウンドの敗者の中で、ランキング保持者を優先し、抽選で順位が決められる。Lucky Loser=LLと表記される。
シード ランキング保持者の・繹ハ者や大会結果の上位者に与えられ、ドロー数の4分の1を基本数となる。ドロー表にルールのもと配置される。
BYE プレーヤーの數がドローサイズより少ない場合、BYEはシード順位の上位者から順番に与え・轤黷驕B
Ret ケガや病気で試合を途中で棄権したときの「リタイア」の略。6-3、3-6、1-3(Ret)というように表記される。
ウィズドロー 出場取り消しのこと。
セルフジャッジ 審判がつかず、プレーヤーやチームが判定とコールをすることを【セルフジャッジ】と言う。
ロービングアンパイア チェアアンパイアがつかない試合では、ロービングアンパイアがレフェリやアシスタントレフェリーと連絡をとりながら、円滑な試合進行のためにコートを巡回し、必要に応じてコート内の問題に対応する。
ソロチェアアンパイア方式 ソロチェアアンパイアはラインの判定以外の判定を行う。プレーヤー(チーム)は自分側のラインの判定をするが、その判定が明らかに間違っていると判断した場合、ただちに【オーバールール】して正しく対応する。
チャレンジシステム 審判のラインコールに不服の場合にデジタル画像による判定を要求できるシステム(「エレクトロニック・レビュー・システム」/自動ライン判定装置)のこと。グランドスラムをはじめ、規模の大きな大会で採用されている。プレーヤーは審判に対して、「チャレンジ」の実施を要求。各セット3回まで行うことができ(タイブレークに突入した場合は1回増える)、成功する(主張が正しい)と回数は減らないが、失敗すると1回ずつ減っていく。
プロテクト・ランキング 6ヵ月以上にわたりケガで戦線離脱したプレーヤーに対して、ATPツアーはプレーヤーの早期復帰ための救済措置として、期間限定で暫定ランキングを行使できるように認めている。暫定ランキングは、プレーヤーが最後に出場した大会から遡ってランキングの平均値を算出するもの。期間限定の条件は2つあり、復帰戦から最大9ヵ月行使できるが、行使する大会はワイルドカードを含めない8大会以下となる。
スペシャル・ランキング ATPツアーの【プロテクト・ランキング】と同・lの意味で、WTAツアーでは【スペシャル・ランキング】と呼ばれる。プレーヤーの6ヵ月以上のケガによる戦線離脱に対して暫定ランキングが行使できるもの。女子が男子と若干異なるのは、スペシャル・ランキングを行使する期間が最大1年であること。戦線離脱の理由はケガや妊娠であって、その期間が2年以内であることが定められている。
スペシャル・イグザンプト 前週に行われているトーナメントのシングルス準決勝または決勝でまだプレーしているため、翌週のトーナメントの予選でプレーできないプレーヤーを救済する処置のこと。Special Exempt=SEと表記される。
メディカルタイムアウト 試合中にケガや病気をしたとき、プレーヤーが要求できる3分間の治療時間。トレーナーまたはドクターがプレーヤーの手当を開始してから始まる。【エンドチェンジ】のとき、セットブレークの間に手当を受けられるが、緊急の場合はただちに受けることができる。基本的に1部位につき1回の【メディカルタイムアウト】。このルールを使ってプレーヤーが駆け引きをしたと判断される場合は、【コードバイオレーション】を科すことになる。
コードバイオレーション ゲームの遅延行為やスポーツマンシップに反する行為に対して、警告や失格などのポイントペナルティを科すことになる。
タイムバイオレーション サーバーがスローペースで20秒、90秒、120秒のポイント間の時間を守らない。またはレシーバーがサーバーを待たせて構えないなどのときに【タイムバイオレーション】が科される。1回目は警告、2回目は失点、3回目以降は1ゲームを失う。悪質な違反と判断された場合は失格となる。
サスペンデッド・ゲーム 雨や日没など天候によって試合が一時中断し、そのまま翌日以降に順延される試合。
トイレットブレークと着替え 【トイレットブレーク】は男女ともにセットブレーク時にとることができる。ただし状態が深刻であるとアンパイアが判断したときは、そのプレーヤーのサービスゲームの前に緊急措置としてとることができる。3セットマッ・`の場合、男子は1回、女子は2回、ダブルスでは男女ともペアで2回まで。1セットマッチまたは8ゲームプロセットでは緊急時に限り、男女ともシングルス1回、ダブルスはペアで1回が認められる。【着替え】はセットブレーク時に女子のみコートを離れることが許されるが、男子は着替えのためコートを離れることはできない。時間は男女とも理に適った時間内(大会によって設定可)で済ませることになっている。
パルチザン・クラウド チーム戦において相手チームのプレーを妨害するような応援をしてはならない。悪質な応援をした場合は、応援するチームに対して1回目は警告、2回目以降はそのつど【ポイントペナルティ】を科すことができる。2回目の違反は1ポイント失点、3回目以降の違反は1ゲームを失う。重大、悪質な場合は1回目でも失格となることもある。
コーチング プレーヤーは試合中にコーチングを受けてはならない。チーム戦は【エンドチェンジ】の90秒間、セットブレークの120秒間には、ベンチにいるキャプテンからコーチングを受けることができる。
オーバールール 審判が判定を訂正すること。
コレクション 審判が「コレクション」とコールするときは、グッドに対するオーバールール。フォールトやアウトをインに訂正するときに使う。
サマリー(スタッツ) 国際大会などをテレビ観戦しているときに、セット終了毎に表示されるデータ集計表(サマリー/スタッツ)がある。また各大会はホームページなどに試合毎のサマリーを表示。ファーストサービス、セカンドサービスの確率から、ウィナー数、アンフォーストエラー数など、そのセット、その試合における両選手の詳細データを見ることができる。
PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

※写真はデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ブラジル」(大阪・靭テニスセンター)の第1試合で杉田祐一と対戦したブラジルのギジェルメ・クレザ(左)とジョアン・スベスナ監督(右) Photo:OSAKA, JAPAN - SEPTEMBER 15: Team captain Joao Zwetsch (R) of Brazil talks to Guilherme Clezar of Brazil in his singles match against Yuichi Sugita of Jap

2017.09.17

スポーツマンらしくない行為としてクレザに罰金 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

新設のチーム戦「レーバー・カップ」に出場する(左から)ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、チーム・キャプテンのビヨン・ボルグ(スウェーデン)

2017.09.21

フェデラーとナダルはダブルスをプレーすることで合意、その決断はボルグ次第 [レーバー・カップ]

2017.09.16

ダブルスは雨で順延、17日に3試合を予定 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ブラジル]

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)で予選から決勝進出を果たした加藤未唯

2017.09.16

「フィジカル・バトルなら負けない」加藤未唯が激戦制し、初のツアー決勝へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

2017.09.20

ラインジャッジは不必要か、ATPが完全自動ライン判定をテスト