マイページ

第5回/マッキー編集長の「ピュアドライブプレイ」日記…「バボラプレイ体験会」に参加の巻



テニスマガジン編集部の
マッキーです。
本日は早稲田大で行われた
「バボラプレイ体験会」に
参加してきました!




2度の休憩(データ確認)を挟みつつ、
みっちり1時間28分、477ショット!
データをたくさん蓄積しようと思えば、
練習も頑張れることに気づきました。
やるぞっ。



左は最初の練習(コーチによる球出し)での
セッション。右はバックハンドの種類。

バックハンドは片手打ちで、
スライスしか打っていないつもりですが、
意外とフラット系なんだなあ……。



どちらもバックハンドのヒットエリア。
左はコーチによる球出し練習、
右は参加者同士のラリーからのデータ。

60%から45%に落ちている理由は明確で、
コーチの球出しはボール地点の
予測がつきますが(それでも60%!)、
参加者同士だと予測がつきづらいから。
当たり前のことですが、
数字で見るとすごく納得ですね。



こちらはサービスのヒットエリア。
ちょっと真ん中より上を
意識して打ってみたら、
やっぱりこんなデータになりました。

自己最速の時速151kmは
2月の練習でマークした数字。
今日は抜けずにガックリ。



最後は参加者の皆さんで記念撮影。
「自分のテニスがよくわかる」
「やっぱり課題がモロに出るね」
「データでみると納得!」
「このデータをどう生かすか」
など、いろんな意見が出ていました。

「マッキーのピュアドライブプレイ日記、
ちゃんと見てますよ」
という声も。ありがとううううう!

(編集部◎マッキー)


PAGE TOP
menu

ランキング人気記事ランキング

2017年8月の「ロジャーズ・カップ」での錦織圭

2017.11.22

錦織圭、ナイキ本社を訪れ2018年のシューズについて話し合う

2017年の「全豪オープン」の試合でフェデラーとすれ違う錦織

2017.12.05

錦織もジョコもマレーも。トップ選手たちが「全豪オープン」で続々GSカムバックの見込み

「全米オープン」で優勝した際のナダル

2017.12.05

ナダルに見るプロテニス選手のお金の使い道とは?

引退セレモニーでの伊達公子さん

2017.12.05

伊達公子さん「半端ない痛みに耐えた」無事に手術を終え退院

2017.03.21

ワウリンカが、笑うフェデラーに手向けた友情のこもった罵り言葉