コンテンツ|総合テニスサイト|THE TENNIS DAILY テニスデイリー|テニスを愛するすべての人々へ。国内、海外のテニスニュースや動画を配信!

テニスHOME  >  ニュース

コンテンツ

コンテンツ 

2017.03.04 第44回テニマガ・テニス部 書籍『丸ごと一冊戦略と戦術(3)』出版記念プログラム 申込開始3月4日(土) 0時〜



募集開始 3月4日(土) 0時〜

第44回テニマガ・テニス部
 
書籍 出版記念プログラム

『丸ごと一冊戦略と戦術(3)』

ゲームの最終局面、ポイント獲得!



 2017年1月15日に『テニス丸ごと一冊シリーズ』の最新刊となる『テニス丸ごと一冊戦略と戦術(3)』が発売されました。

 そこで2017年最初の部活は、書籍の著者である堀内昌一先生がその内容を講義とオンコートレッスンを通じて、わかりやすくライブでレッスンします!


講師◎堀内昌一先生(亜細亜大学教授 / テニス部監督 / 日本テニス協会公認マスターコーチ)

ほりうち・しょういち◎ほりうち・しょういち◎1960年2月1日、東京都生まれ。亜細亜大学教授、テニス部監督。選手時代に83年ユニバーシアード出場。85、86年ジャパンオープン出場も果たした。現在は、学生の育成・強化はもちろんのこと、テニス界全体の普及・強化にも尽力。日本テニス協会公認マスターコーチとして指導者養成に携わる。主な著書は『テニス丸ごと一冊サービス』(書籍)、『テニス丸ごとサービスDVD』のほか、テニスマガジンで連載中の『テニスの戦略と戦術がよくわかるレッスン』をまとめた書籍『テニス丸ごと一冊戦略と戦術(1)〜戦術を考えるために必要な基礎知識』『テニス丸ごと一冊戦略と戦術(2)〜サービスキープは勝つための絶対条件』『テニス丸ごと一冊戦略と戦術(3)〜ゲームの最終局面、ポイント獲得!』などが好評発売中 ※いずれもテニスマガジン監修/ベースボール・マガジン社刊


【今回の部活内容】

日時◎4月29日(土・祝)  9:00〜10:00 講義、10:00〜13:00 オンコートレッスン(受付は8:45〜)

場所◎亜細亜大学日の出校地テニスコート
〒190-0182東京都西多摩郡日の出町平井1449-1
※講義は食堂(「亜細亜大学」の文字のある校舎の1F)にて、レッスンはハードコート7面使用予定
※駐車場あり(無料 / テニスコート脇のみ)
※アクセスはこちら|亜細亜大学公式ホームページ 

内容◎書籍『テニス丸ごと一冊シリーズ』をご愛読いただき、練習を続けていらしゃる方へ。今回は最新刊「テニス丸ごと一冊戦略と戦術(3)〜ゲームの最終局面、ポイント獲得!」の内容を、講義とオンコートレッスンを通じてわかりやすく解説します。

参加資格◎生徒同士でラリーができるテニス経験者の方(書籍『テニス丸ごと一冊戦略と戦術(3)〜ゲームの最終局面、ポイント獲得!』を事前に予習してご参加ください)。

募集人数◎60名

締切り◎定員になり次第

参加費◎大人5000円、中学生・高校生4000円、小学生以下3000円
※当日、受付でお支払いください。

お申し込み方法◎お申し込みはこちら(※申し込み開始は3月4日(土) 0時〜申し込みフォーマットが公開されます)


お問い合わせ先◎テニスマガジン編集部
テニマガ・テニス部 e-mail tennisbu@bbm-japan.com TEL03-3238-0185
※取材で不在にしていることが多いため、主にe-mailをご利用いただけると幸いです。
※開催日、および前日は準備のため不在です。


【注意事項】

※講義終了後、オンコートレッスンとなります。講義は食堂で行います。筆記具の持参をおすすめします。

※オンコートレッスンでは、プレーできる服装、ラケット、テニスシューズを持参してください。

★★★重要!! 雨天が予想される場合★★★

※雨天が予想される場合は中止とさせていただきます。講義開始の2時間前にWEBテニスデイリー|テニスマガジンにて発表いたします。編集部から開催の有無は直接ご連絡いたしませんので、各自でご確認をお願いいたします。

※開催日前日と当日は、編集部は準備のため不在となりますので、お電話でのお問い合わせには対応できません。

※お申し込み後のキャンセルは2日前までにe-mailまたはお電話で編集部までご連絡ください。それ以降のキャンセルは、キャンセル料として参加費の半額を、無断でキャンセルされた場合は、キャンセル料として参加費の全額をお支払いいただきます。

※ご応募いただくと自動的に『テニマガ・テニス部』の部員に登録されます。部員にはテニマガ・テニス部部活動に関するメール配信サービスがありますが、登録された個人情報をそれ以外の目的で利用したり、第三者に提供することは一切ありません。もちろん退部(メール配信解除)することもできます。詳しくはWEBテニスデイリー|テニスマガジンの『テニマガ・テニス部』の項目でご確認ください。

 ※レッスン内容の写真撮影、ビデオ撮影はお断りいたします。ただし周囲の方にご配慮いただき、ご自身を撮影する場合はその限りではありません。

※この部活動の模様は、本誌およびWEBテニスデイリー|テニスマガジン、ブログ、Facebook、twitterに掲載することがあります。


※各自傷害保険にご加入の上、ご参加ください。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

■関連キーワード:

前後の記事
関連の動画

ハイライト